注意点を知ることも大切! リノベーションのメリット・デメリット。

近年ではあえて新築物件に拘らずに比較的築年数が古い状態にあるものを中古で物件を購入し、後からリノベーションを施して住みたいという方が増えています。

そのようにリノベーションに拘る理由は新築物件には無いメリットがある点が影響しているのですが、特に大きな要点になるのは既存の状態のまま見た目や生活の様子のみが優れた状態にさせられる点です。

実際に住宅を建築したり購入しようとした場合、住環境を重要視するのか立地を重要視するのかを選定しなければならないシーンに直面してしまいます。

その理由は、新築物件を建てる事ができるほどの敷地面積があるエリアは駅から遠い場所である事例が多かったり、たとえ駅に近いエリアに空き地があったとしても坪単価が高額で予算オーバーになってしまうためです、

そこで、駅の近い場所に位置している築年数が古くて空き家になっている建物を中古で物件を購入しリノベーションをすれば、立地と住環境の両方が得られどちらも妥協をせずに済みます。

もちろん、中古で物件を購入する時に限らず既に長い年月にわたって生活をしている自宅に対しリノベーションを行う際にも、年齢に応じて段差や壁を少なくするといった施工を行えば、負担が無い環境で過ごし続けられるというメリットが得られます。

ただし、リノベーションを施す時に気をつけなければならないのは、外見上だけ最新の様子になっても建物としての基本的な条件は古い築年数のまま経過しているという事実です。

つまり、外観や内装が綺麗で現代的になっても壁の内部や柱、土台は完成から長い歳月が経過している状態なので、地震の揺れや多くの雪が屋根に積もった時には耐久性が低く耐えられない恐れがあります。

リノベーションをする際にはつい見た目のみに左右されてしまい、建物としての基本的な耐久性が疎かにされるというデメリットがあるため、施工時には耐震工事なども合わせて行うようにしなければならないですし、耐震工事を行えばより一層工事費が高額になるというのもデメリットです。

関連記事

PAGE TOP