新築とリノベーション、どちらが良いのか?

新築とリノベーションならどちらが良いのかについてですが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、徹底的に比較をして自分の目的や理想や予算やライフスタイルにぴったり合った方を選びましょう。

 

新築のメリットとしては、最新の耐震基準を満たした建物になるので耐震性や耐久性に対する不安が無い、ゼロからつくる楽しさがあり設計や間取りにおける自由度が高いなどがあります。新築のデメリットは、近隣の状況や生活環境がどのように変わっていくのかを予測することが難しい、住み心地がイメージしにくいなどです。

 

リノベーションのメリットとしては、既存の建物なので住み心地や生活をイメージしやすく計画が立てやすい、新築よりも費用が安く済むことが多い、趣きのあるインテリアや独特な雰囲気を楽しむことが出来るなどがあります。

 

リノベーションのデメリットは、耐震性や耐久性や断熱性能などへの不安が残る、設計や間取りにおける自由度が低く設備や部品の交換や修理をすると新築よりも費用がかさんでしまうこともあるなどです。

 

安心で安全な構造の中古物件を探すことに対する煩わしさや面倒くささがある人や、ゼロから自分の好きなようにつくりたい人には新築が向いています。

 

良い中古物件を見つけた場合や費用を抑えたい場合はリノベーションを選ぶのが良いでしょう。

関連記事

PAGE TOP