これでわかったシステムキッチンの選び方!

住宅を建築するときや、住宅をリフォームするときにはシステムキッチンも購入することがあります。
システムキッチンは、非常に便利なのがメリットですがその住宅に合ったものでないと使い勝手が悪くなることも考えられるでしょう。

そこでどのように選んだらよいかといえば、まず寸法よく考えることが大事になります。
特に建売住宅の場合には、寸法はあまり大きすぎるものだと窮屈になってしまい楽しい料理が楽しくなくなってしまう可能性があるでしょう。

奥行きが短いものもありますので、特に問題なければ奥行きの短いものを選ぶのも一つのポイントになります。

次に、高さが問題になりますが基本的にキッチンはおよそ3種類の高さが設定できます。
日本人の体形に合わせた高さとして身長150センチ前後の人は80センチの高さがちょうどいいとされています。
また、身長160センチ前後の平均的な女性には85センチの高さがよいです。さらにそれ以上の心境がある場合には90センチの高さのキッチンを選んだ方がよいでしょう。

サイズになっていないと、目線が低すぎたり逆に腰をかがめなくてはならず腰を痛めたりする可能性があり台所に立つのも嫌になってしまうかもしれません。

システムキッチンの一部として、キャビネットの高さも意識しておくとよいです。

キャビネットの高さは、目線とちょうど同じぐらいの高さにしておけば、ものをとるときにとりやすいことと、物を置く時に置きやすいです。
そのため、サイズ合わせを事前に行うことが大事になります。

後から変更する場合は、余分なお金がかかってしまう可能性があるため、2度手間にならないようにしましょう。

キッチンの種類は、最近は対面型や独立型のものが流行していますが必ずしもそれらが使いやすいとは限りません。

対面型や独立型の場合には、ある程度キッチンのスペースがあることが大前提になります。流行や見た目だけレイアウト、使いにくくなりますので間取りをよく考えてから購入しましょう。”