最近よく聞くスケルトンリフォームってどんなリフォーム?

マイホームの年数が経過してくると、使い勝手などが悪くなったり故障などが発生することが多くなります。使い勝手を向上させ住みやすくするため、リフォームなどを依頼する人が少なくありません。必要な個所だけを依頼する場合もありますが、住宅内全体を解体してリフォームを進めることもあります。

 

戸建てやマンションなどの内部全体を骨組みの状態に解体し、全ての設備などを撤去して施工することをスケルトンリフォームと呼ばれている方法です。

 

住宅など構造部分である骨組み状態にするため、基礎部分や柱など以外を全て作り直すことになります。

 

一般的なリフォーム方法では、水道管の位置やガスの配管などを変更することができません。そのため、今までの間取りなどを大掛かりに変更することができませんでした。

 

スケルトンリフォームを行う場合は、住宅内部の設備や内装などを全て希望の物へと変更することが可能です。

全ての設備などを解体し撤去してしまうため、自分たちの希望する間取りに変更できることがスケルトンリフォームのメリットになります。

 

通常のリフォームでは変更することが難しいマンションでも、バスルームやキッチンなどの水回りも含めて自由に設計することが可能です。

 

骨組みの状態まで解体してしまうため、年数が経過し劣化した配管などを新しいものに変えることができます。

 

スケルトンリフォームのメリットは、間取りなどを自由に変更できることだけではありません。骨組みの状態にしてしまうため、断熱材などを最新のものに変更することが可能です。住宅の断熱や遮音性能を大幅に向上させることができるため、今までよりも住み心地のよい住まいに生まれ変わります。

 

窓や壁などの周辺に発生していたカビなども除去することができるので、健康的に生活することが可能です。スケルトンリフォームの工事を行うと、古くなった住宅が新築のように生まれ変わるのが大きな特徴になります。

 

希望する間取りや住宅設備などに変更できることが、スケルトンリフォームの持つ魅力です。