いつまでもキレイを保つトイレ

トイレといえば、気になるのは 汚れ、匂い です。

定期的にお掃除をしていても、気になる時ってありますよね。

そこで、最新のトイレのキレイ快適機能をご紹介したいと思います。

 

最新トイレのココがすごい

☆お掃除簡単機能

  • 便座本体上下します!

匂いの原因となる、便座とタンクの隙間の汚れもササッと拭き掃除が出来、簡単にキレイにできます。

  • ノズル自動洗浄します!

実は汚れているのでは・・・と思いつつもお掃除の仕方がわからず見て見ぬフリをしがちなノズル。なんとボタン一つで自動洗浄してくれます。トイレによっては、使う度に自動で除菌するトイレもあります。気になる方は、自動洗浄後ノズルを分解して細かいところまで洗うことも出来ます。簡単な構造なので、取り外した後も設置簡単です。

  • 便器キレイ!

なんと排水後、自動で便器の中を抗菌水で除菌してくれます。

使う度に除菌しますが、使っていない時も定期的に除菌してくれる徹底ぶりはスゴイと思います。

また、汚れが付着しにくい構造となっているので、綺麗を長く保てます。

 

最新トイレのすごいところは、「キレイ」だけではありません。

節水、節電で光熱費にも変化が期待できます。

昔のトイレは、1回の洗浄で水を約13ℓ使用していました。

しかし最新のトイレは超節水の4.8ℓ。

4人家族で使用した場合、年間約14,000円分も節水できると言われています。

更に、ウォシュレットは年間約5,000円分も節電!

合計19,000円分の節水、節電が期待できます。

これを10年で考えると190,000円分、20年で考えると380,000円分も節約できます。

 

更にトイレリフォームの時に、トイレの内装を変えるとイメージも変わっておススメです。トイレ内に造作カウンターや、収納スペースを造ることでスッキリとしたトイレ空間を造ることができます。トイレは限られたスペースなので、壁埋込式収納にすると

トイレが狭くなることなく収納スペースを確保できるでしょう。

また、収納の位置も大事です。トイレットペーパーを収納する場所は、トイレに座ったまま手の届く位置が理想です。届かないと・・・悲惨ですね。

収納方法、収納場所、収納の大きさなど、後で後悔しないように実際にご自身がトイレに入った時の流れを想像しながらリフォームプランを考えるといいと思います。

 

ただ、気になるのは費用です。

リフォームとなると、排水管の位置の問題がでてきます。

この排水管の位置が合わないと配管工事が必要になり、工事費用がかさんでしまうのです。

これを解消してくれるのが「リトイレ」

リトイレとは、リフォーム用のトイレのことです。

このリトイレなら、排水アジャスターを使うことで排水芯の位置調整が可能になります。これで配管工事を極力抑え、工事費用を抑えてリフォームをすることができます。

トイレ本体の価格は・・・リフォーム会社次第ですね!

 

最新トイレの素晴らしさ、うまく伝わったでしょうか♪

ついついお客様に自慢したくなるようなトイレ空間を造ってみませんか?

キレイに快適、お財布にも環境にも優しいトイレリフォーム、是非お手伝いさせて下さい。

トイレといえば、気になるのは 汚れ、匂い です。

定期的にお掃除をしていても、気になる時ってありますよね。

そこで、最新のトイレのキレイ快適機能をご紹介したいと思います。

 

最新トイレのココがすごい

☆お掃除簡単機能

  • 便座本体上下します!

匂いの原因となる、便座とタンクの隙間の汚れもササッと拭き掃除が出来、簡単にキレイにできます。

  • ノズル自動洗浄します!

実は汚れているのでは・・・と思いつつもお掃除の仕方がわからず見て見ぬフリをしがちなノズル。なんとボタン一つで自動洗浄してくれます。トイレによっては、使う度に自動で除菌するトイレもあります。気になる方は、自動洗浄後ノズルを分解して細かいところまで洗うことも出来ます。簡単な構造なので、取り外した後も設置簡単です。

  • 便器キレイ!

なんと排水後、自動で便器の中を抗菌水で除菌してくれます。

使う度に除菌しますが、使っていない時も定期的に除菌してくれる徹底ぶりはスゴイと思います。

また、汚れが付着しにくい構造となっているので、綺麗を長く保てます。

 

最新トイレのすごいところは、「キレイ」だけではありません。

節水、節電で光熱費にも変化が期待できます。

昔のトイレは、1回の洗浄で水を約13ℓ使用していました。

しかし最新のトイレは超節水の4.8ℓ。

4人家族で使用した場合、年間約14,000円分も節水できると言われています。

更に、ウォシュレットは年間約5,000円分も節電!

合計19,000円分の節水、節電が期待できます。

これを10年で考えると190,000円分、20年で考えると380,000円分も節約できます。

 

更にトイレリフォームの時に、トイレの内装を変えるとイメージも変わっておススメです。トイレ内に造作カウンターや、収納スペースを造ることでスッキリとしたトイレ空間を造ることができます。トイレは限られたスペースなので、壁埋込式収納にすると

トイレが狭くなることなく収納スペースを確保できるでしょう。

また、収納の位置も大事です。トイレットペーパーを収納する場所は、トイレに座ったまま手の届く位置が理想です。届かないと・・・悲惨ですね。

収納方法、収納場所、収納の大きさなど、後で後悔しないように実際にご自身がトイレに入った時の流れを想像しながらリフォームプランを考えるといいと思います。

 

ただ、気になるのは費用です。

リフォームとなると、排水管の位置の問題がでてきます。

この排水管の位置が合わないと配管工事が必要になり、工事費用がかさんでしまうのです。

これを解消してくれるのが「リトイレ」

リトイレとは、リフォーム用のトイレのことです。

このリトイレなら、排水アジャスターを使うことで排水芯の位置調整が可能になります。これで配管工事を極力抑え、工事費用を抑えてリフォームをすることができます。

トイレ本体の価格は・・・リフォーム会社次第ですね!

 

最新トイレの素晴らしさ、うまく伝わったでしょうか♪

ついついお客様に自慢したくなるようなトイレ空間を造ってみませんか?

キレイに快適、お財布にも環境にも優しいトイレリフォーム、是非お手伝いさせて下さい。