ノーリツ 洗面化粧台 シャンピーヌ の機能と特長 紹介

ノーリツの洗面化粧台、シャンピーヌの特長のひとつは、12.5リットルの陶器製洗面ボウルの形状です。排水口がもっとも低くなるようになだらかな傾斜がつけられているので、水や泡がスムーズに流れます。その結果、従来の洗面ボウルに多く見られた石けんなどが飛び散ったような汚れが減ります。

スムーズに水が流れると、髪の毛が排水口に集中するデメリットがありますが、内部にはめ込んである二重構造のゴミ取りアイテムが詰まりを予防するので安心です。

くわえてレバーの左右にあるフラットスペースは奥行きが8センチメートルもあり、歯ブラシスタンドやハンドソープを置くには十分な広さがあります。よく使うものほど近い位置に、という配置の原則が守れる点もこの製品のメリットです。

シャンピーヌは洗面ボウルの上下にあるキャビネットを、好みに合わせて3種類の中から選べます。
一番オーソドックスなのが左右対称の両開きタイプで、大きなバケツなどをそのまま入れることが可能です。

整理整頓しやすいのがオールスライドタイプです。上下2段の引き出しで収納するから、片付けがしやすく、欲しいアイテムがすぐに見つかります。

整理が苦手な人にも使いやすいタイプと言えるでしょう。引き出しと開き扉の両方がある引き出しタイプもあります。2段の小さな引き出しにボトルや小物を収納し、開き扉にバケツなどがしまうことができます。

洗面ボウルの上にあるミラーキャビネットも3種類が用意されていて、自分に合った機能と特長のものを選択可能です。1面鏡は中央に鏡が位置し、左右に小物置きがあります。整髪料や香水などのよく使うアイテムが取りやすいのが長所です。

3面鏡は固定式の鏡が中央に、開くと奥が収納スペースになる鏡が左右にあるタイプです。隠す収納ができるから、シンプルな洗面所にしたい人におすすめです。最後の収納3面鏡は3面鏡の機能に加えて、中央の鏡も開いて奥にものを収納できるものです。収納力が抜群だから、物が多くなりがちなファミリー世帯に最適でしょう。

水栓も機能が異なる3タイプが用意されています。その中でも注目すべき機能を備えているのは、エコシングルレバーシャワー水栓です。

上げ下げするレバーの左右位置を変えることで、油温を調節できるようになっていて、お湯の無駄づかいを防止できます。

また水は泡を含むストレートとシャワーが選べるので、さまざまな用途に応じた水の出し方が選べます。

さらに洗面台で頭を洗うときにうれしい機能がついています。

シャワーヘッドをいくらか高い位置に固定できるリフトアップ機構がついているので、頭をぶつける心配をせずに楽な姿勢でシャンプーができます。

関連記事

  1. ノーリツ エコジョーズ
  2. 洗面化粧台

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP