トイレリフォーム 壁紙選びのポイント!

後悔しない壁紙選び

トイレも定期的なリフォームが必要です
トイレリフォームを決めた場合に、悩む人が多いのが壁紙です。
狭い空間なので、使う壁紙によって雰囲気が一変します。
清潔でリラックスできる空間にするためには壁紙の色や柄、高い機能性がポイントになります。

最近は機能性壁紙が増え、用途に合わせて自由に選ぶことができます。
トイレの壁紙だと消臭や抗菌、汚れ防止機能がある壁紙を使う人が多いです。
日本では、一般的にビニールクロスの壁紙が使われています。
拭き掃除が簡単で丈夫で、デザインも豊富です。

ビニールクロスの壁紙が一般的

ビニールクロスに特殊なコーティングをした壁外は、汚れに強く臭いの吸着も防ぎます。
最近は消臭に特化した製品が次々と登場しています。
表面の消臭剤が悪臭の原因となる物質を吸着して分解するので、トレイを快適に使うことができます。
中には数時間で8割も臭いをカットできる製品もあります。
使える期間も長く、壁紙を張替えてから10年間は効果が持続します。
機能性の問題が解決したら、デザインと色を選びます。
初心者の場合は、清潔感のあるホワイトやベージュなどシンプルな色と柄を選ぶのが無難です。

柄が入っている場合は、小さな柄を選ぶと落ち着いた雰囲気を出せます。
好みで派手な柄を入れたい場合は、4つある壁のうち一面だけに入れてアクセントにします。

他の壁はホワイトやベージュなどのシンプルな色にすることで、メリハリのついたお洒落空間になります。

トイレリフォームの実績が豊富な専門会社を選びましょう

下地によって処理方法が異なるので、リフォームする場合は専門会社とよく話し合っておきます。
職人の腕も需要ポイントなので、トイレリフォームの実績が豊富な専門会社を選んだ方が安心です。

自社のホームページを持っているリフォーム会社は実績を写真で公開している会社も多いので、リフォームする前と後の写真をチェックします。

複数の会社に見積もりを依頼して最も安い会社にリフォームを頼む家庭も多いですが、リフォーム料金だけでなくサービス内容やリフォームレベルもよく確認してから選ぶことが重要です。

PAGE TOP