壁付けキッチンの魅力②

キッチンシステムとして代名詞的な存在で、様々な種類が登場しても相変わらず根強い支持を得ているのが壁付けキッチンであり、壁付けキッチンの人気が高い理由はリビングスペースを最も広く確保できるためです。

しかも、空間が広く確保できるという事は空いたスペースの利用方法の自由度も高められるという事なので、広々とした空間をキープし続ける利用方法の他に、ダイニングテーブルを設置するといった事も難なく行えるようになります。

空間にダイニングテーブルを設置すれば、壁付けキッチンに向かって料理をしている時に背後にダイニングテーブルがある様子になるため、仕上がった料理をすぐに食卓に並べられるといったメリットが得られますし、食後に食器類を片付ける際にも速やかにシンクに洗い物を運び入れる事ができ、炊事に関する事柄の時間の短縮と負担の軽減に繋げられます。

また壁付けキッチンには直線状に作業台やシンク、ガスコンロを配置する方式の他に作業台とシンクを同じ面にしつつ、ガスコンロは異なる壁面に設けるL字型もあります。

L字型は作業台やシンク、ガスコンロを分けて設置する事ができるからこそ各設備に与えるスペースを広くさせやすいというメリットがあるので、家族が多くて洗い物が多かったり料理を行う事が好きである方はL字型にすると、ますますキッチンでの作業が快適になります。

そして、今日ではアイランドキッチンの人気も高くなっていますが、壁付けキッチンの中にはアイランドキッチンと壁付けキッチンを合わせたタイプも存在しており、外見上の美しさと利便性の高さによって注目が集まっています。

アイランドキッチンと壁付けキッチンを合わせたタイプではシンクやガスコンロ、作業台といった設備は壁に接するようにして設けつつ、リビングスペースとの間にはアイランドキッチンのような台を設置します。

アイランドキッチンと異なるのは既にキッチンシステムは壁に接して設けられている様子なので、リビングスペースとの間にある台にはオーブンや食器洗い乾燥機など調理器具を収納しつつ、作業台や物を置くためのスペースとして活用可能です。

関連記事

PAGE TOP