フローリングで失敗しないコツ

フローリングは人々の生活を支える足元で、様々な点において重要な役割や意味があります。
選び方1つで生活の快適性が大きく左右されますから、失敗しない為に素材の特徴を理解したり、比較検討して最適なものを選ぶことが大切です。

木材なので傷つきやすく、水分を吸収する性質を持つのが基本ですが、実は種類によってその性質が変わってきます。

無垢材

メリット

表面加工が最小限の無垢材は、耐久性が良好で長く愛用できる上に、肌触りが良くて直接寝転がっても不快感を覚えにくいのが特徴です。

素材の性質が直接表面に現れるので、木材の選び方が重要になってきますが、逆に考えれば自分好みの性質が追求できることを意味します。

また、現代の住宅で懸念されるシックハウスの原因が排除できるので、無垢のフローリングは化学物質に敏感な人に最適です。

壁紙の接着剤やニスなどには要注意ですが、無垢材自体はとても健康的で、調湿性を併せ持つのでカビが増殖する心配も少ないです。

勿論、梅雨などで湿度の高い日が続く場合は別ですが、それ以外の季節であれば、年間を通してサラサラの足元が続きます。

無垢材特有の特徴としては、経年による変化が大きく、色味が深くなったり味わいが出てくる点が挙げられます。

デメリット

一方では、失敗しない為に注意しておくべきポイントがあります。
無垢材のフローリングは、素材がほぼむき出しのままですから、お手入れを間違えると傷みが生じます。

水分を弾かず吸収してしまうので、液体を大量にこぼすと大変ですし、ニオイが気になる場合は専門のプロに対応してもらう必要が出てきます。

更に、湿度の変化で変形したり反りが発生しますし、ささくれが生じることもあるので、赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では特に注意です。

極めつけはやはり価格の高さで、取り扱いや加工が難しいことから、コストが価格に直結してしまいます。

ただ、色味や木目に性質など、拘りを持って選べるのは無垢材の良いところで、期待に応えてくれる素材を見つけられるでしょう。

明るい色はお部屋の雰囲気を華やかにしてくれますし、反対にダークカラーは空気感を引き締めて、落ち着きや重厚感をもたらします。

間を取ってナチュラルカラーを選べば、毎日飽きのこない生活ができたり、ゲストを呼んで同じ空間で過ごす時間が楽しめます。

希少な木材は入手性が低くて価格は高めですが、その分入手してフローリングに使えた時の喜びはひとしおです。

住宅は一生物の買い物ですから、フローリング1つ取っても妥協しない方が良いですし、失敗しない為に知識を得ることが大事です。

複合素材

予算が限られていて妥協せざるを得ない場合は、複合素材のフローリングが選択肢に加わります。

複数の木材を張り合わせて作られているので、一枚板を切り出す無垢材とは違い、価格が手頃で反りも出にくいです。

人の手によるものですが、デザイン性を追求している製品も少なくありませんから、あれこれ選べるのは魅力です。

しかし、ぬくもり感が弱く無機質な感じが強いのは、無垢材との比較で顕著に表れる複合材の欠点です。

最初は良くても長く使うと不満を覚える、そういう失敗しない為に、十分な比較検討をおすすめします。

傷のつきにくさやお手入れのしやすさなどは、加工によって実現される性質です。
その為、表面加工が劣化で剥がれてしまうと、当初の性質が失われて傷や汚れが目立ったり、足裏にザラザラ感を覚えるようになります。

徹底的に加工して作られているので、部分的な補修が難しく、劣化が残り続けてしまうのも難点です。

失敗しない為には、予算や希望を決めておき、欠点を念頭に無垢材か複合材を比較するのが基本です。
加えて、求める雰囲気や色の方向性に壁紙や建具との相性など、トータルに検討を重ねることが重要です。

いずれの素材も5年や10年後の変化は避けられませんから、将来的な変化を想像したり受け入れられるか自分に問うことも必要でしょう。

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP