キッチンシンクの水漏れはなぜおこる?原因と対処法

「気がついたらキッチンシンクから水漏れしていた」「水が漏れていてシンク下の床にカビが生えていた」といったことはありませんか?

シンクから水漏れしてしまうのには、いくつかの原因が考えられます。場合によっては、自身で対処できることもあるので、まずは原因を調べてみましょう。

キッチンシンクの水漏れの原因

キッチンシンクの水漏れとして、よくある原因を5つ紹介します。

1. 排水溝と排水管など接続部分の緩み

排水溝と排水管、排水パイプがナットでつながれている場合には、緩みが生じていないか確認してください。緩みだけが原因なら、締めなおすだけで水漏れが止まります。

2. ゴムパッキンの劣化

シンクと排水トラップの間には、水漏れを防ぐためにゴムパッキンが挟まれています。ゴムパッキンは、経年によって劣化するため、長く使用していると緩んだり割れたりして水漏れが発生することがあります。

ゴムパッキンは、ホームセンターなどで購入し、自分で取り換えも可能です。ゴムパッキンが劣化していないか、チェックするようにしてください。

3. 排水ホースの劣化

シンク下から排水管につながる排水ホースも、経年により劣化していきます。ヒビや割れが発生すると、そこから水が漏れてしまいます。排水ホースを取り換えることで、水漏れをストップ可能です。

4. 排水管の詰まり

排水管の継ぎ目から水が漏れているケースでは、排水管が詰まっていることが原因のことがあります。専用のクリーナーを使っても解消できないときには、業者に依頼したほうがいいでしょう。

5. シンク自体の破損

ステンレスのシンクはサビにくいのが特徴ですが、まったくサビないわけではありません。ステンレスは酸素と触れることで「酸化皮膜」を発生させて、表面を保護することでサビにくくなっています。

しかしシンクの上にものを長時間おいておくと、ステンレスが皮膜を作れなくなり、サビが発生してしまいます。サビて穴が空いてしまうと、補修はむずかしくなるため取り換えを検討するようにしてください。

シンクの水漏れは二次災害を引き起こす

シンクからの水漏れを放置していると、シンク下のキャビネットが木製だった場合には、カビが発生したり、腐ってボロボロになったりする可能性があります。また床に水がしみ込んで、床板がやはり腐ってしまい、取り換えなければならなくなることも。

シンクからの水漏れに気がついたときには、二次被害を防ぐためにも、早めに修理するようにしてください。

まとめ

シンクからの水漏れにはいろいろな原因がありますが、自身で簡単に修繕できることがあります。まずは水漏れしている箇所をチェックして、原因を見極めましょう。

場合によっては、シンク自体の交換や、床の張替が必要になることもあります。大きな被害が出ているときには、早めにリフォーム会社に相談するようにしてください。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. お風呂リフォーム
PAGE TOP