我が家にピッタリのキッチンを選ぼう

長年使ってきたキッチン、そろそろ新しく、使いやすくしませんか?

「キッチン」とは言っても、様々な形があることをご存知でしょうか。

I型、L型、アイランド型。更に設置する場所によっても全く違うキッチンになります。

ここでは様々な形のキッチンをご紹介致します。

 

≪ I 型キッチン ≫

まさに文字の通り、Iの形をしている一方向に直線型のキッチンです。

壁付けタイプと、対面タイプがあります。

 

~I型のメリット~

☆比較的コンパクトで場所を取らない

☆コンロ、ワークトップ、シンクの動線が近いので1人での料理が効率よくできる

☆比較的安価

 

~I型のデメリット~

☆2人以上でのワークトップでの作業が厳しい

☆レイアウトを工夫しないと、キッチンが丸見えになってしまう

 

~設置場所~

よりお部屋を広く使いたい場合は、キッチンは壁付型にするとよりコンパクトになります。

LDKとのコミュニケーションをとりたい、小さいお子さんがいて目が離せない、などの場合は対面型がおススメです。

また、I型キッチンの気になるところである「キッチン丸見え」を解消できるのも、対面型です。対面型にして、キッチン前面に造作カウンターなどを設置するとオシャレに「キッチン丸見え」が解消できます。

 

まとめると

  • コンパクトにおさめて、LDKを広く使いたい
  • 小さいお子様がいる
  • 1人で料理することが多い

 

これに当てはまる方は、I型キッチンがおススメです。

 

 

 

≪ L型キッチン ≫

L型キッチンも、文字の通りL字の形をしているキッチンです。

片側のみ壁付にすることが多いでしょう。

 

~L型のメリット~

☆作業スペースがゆったりと取れる

☆コーナー部のスペースが広く造られているので、調理の下ごしらえや、お皿を並べて盛り付けをすることができる

☆シンクとコンロのレイアウトの融通がきく

☆キッチンのワークスペースが広いので、2人以上でのお料理もラクラク

 

~L型のデメリット~

☆コーナー部下台がデッドスペースになりやすい

☆場所をとる

☆値段がI型よりも高くなる

 

~設置場所~

L型キッチンは壁付けタイプが多く見られます。L型になるとキッチン自体のサイズが大きいので、対面タイプにするとLDKに使えるスペースが極端に狭くなることが多いためと考えられます。L型キッチンで対面に、とするとL型の片側のみ壁付タイプにすることで多少スペースの問題が解消できます。

 

まとまると

  • LDKにある程度の広さがある
  • スペースに余裕をもってお料理をしたい
  • 例えばパン作りなど、広いワークトップを必要とする料理を作る
  • 2人以上で作業することが多い

 

これに当てはまる方は、L型キッチンがおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

≪ アイランド型キッチン ≫

LDKの中で島(アイランド)のように設置するタイプのキッチンです。

モデルルームやお料理教室などでよく見られるオシャレなキッチンです。

 

~アイランド型のメリット~

☆お料理教室や、大勢での調理に優しい設計

☆バリエーションが豊富

 

~アイランド型のデメリット~

☆場所をとる

☆少しでもキッチンが散らかっていると目立つ

☆値段が高い

☆フードの力が弱いとLDまで匂いが充満してしまう

 

まとめると

  • 料理が好き
  • キッチンに広いスペースをとることができる
  • オシャレな空間を作りたい

 

これに当てはまる方は、アイランド型キッチンが良いと思います。