マンション 水回りリフォームの注意点!

共同住宅のマンションは各家庭が快適に生活が営めるように各物件毎に管理規約が決められているため、水回りリフォームを計画する際には最初に管理規約の確認から始めましょう。

特に、浴室やキッチンなどの水回りリフォームにおいて各設備の位置を大きく変更させる際には排水経路を構える事が大切であり、異なった間取りを採用する事によって排水管が従来よりも長くなる際には、水が円滑に流れるように傾きを設けるべく床をかさ上げしなければなりません。

床をかさ上げするためには工事を施工する事になるのですが、工事において各物件が定めている規約を事前に確かめる必要がある上に、各物件により水回りリフォームに際し定められている規約に差異があるため、各物件毎の確認をしつつ管理組合などに対し許可を求める必要があります。

また、マンションは階数が多い集合住宅であるが故に各階に向かって縦方向に配管が伸びている様子に加え横方向にも配管が延びているので、リフォームの内容や配管が存在する位置により工事の施工方法にも違いが現れます。

そして、今日の工事は従来に比較し工事音が小さくなっているものの、少なからず作業音が発生するため近隣住民との間で音に関するトラブルを防ぐべく、上階や下階に事前に連絡ししっかりと情報共有を行ったり、配管の位置が音で迷惑をかけない位置である様子を確認しておきましょう。

このように工事を行う事自体に注意を払いつつ、水回りリフォームを施す各部位毎にも注意点が存在しており、トイレに関してはトイレ空間の広さと各設備のサイズについて気を配る事が大切です。

たとえ最新のトイレ設備を導入しても、トイレ空間が手狭に感じられるようになると従来よりも使い勝手が良い様子には感じにくくなりますし、電源を確保するコンセントやタオルを掛ける位置が大きく変化すると、手を洗った後にすぐに水分を吸水させられず床が水で濡れやすくなります。

同様に最新設備を選定する事で空間が手狭に感じられるようになる事例としてはキッチンのリフォームも挙げられ、今日のキッチンシステムは従来型に比較してサイズが大きなタイプが増えているので、導入後ダイニングなどの空間や動線が従来よりも狭くならない設備を選ぶようにしましょう。

また、キッチンに関してはガスコンロからIHに変更したり食洗機を新たに導入する場合、電気の供給量よりも要する容量の方が多いと導入できない事例もあるため、管理会社や管理組合に事前確認しておく事が重要です。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP