システムキッチンの標準的なサイズ設定・規格を知る

住宅を建築する場合やリフォームする場合には、システムキッチンを選ぶことが考えられます。

このようなとき、いったいどのようなサイズを利用したらいいかわからないこともあります。

そこで、標準的なサイズ設定や規格を見ておきましょう。横幅に関しては、165センチから300センチくらいまでのものがそろっています。

キッチンの規格が壁付け式の場合には比較的横幅が広いのが特徴で、300センチほどのものがよく利用されています。

そのため、ある程度キッチンの幅を広く取りたければ壁付き型のキッチンにするのがよいでしょう。壁付き型は、基本的に無駄な面積を最小限にすることができるためその分だけキッチンのサイズを大きくすることが可能になるわけです。

これに対して、最近流行しているアイランド式や対面式はリビングの広さによっても変わってきますが165センチから200センチぐらいが標準的なサイズといえるでしょう。

このタイプのキッチンは、コンパクトな設計なためリビングを広く使うことができるようになります。もちろん、中には300センチのような横幅の広いものを利用している家庭もない訳ではありません。

ですが一般的には、200センチくらいまでのものを利用することで合理的なスペースの使い方をすることが可能になります。

後は、キッチンを部分的に見ていくと、まず真ん中の作業スペースは60センチから90センチくらいになっている傾向があります。

当然ながら、300センチある場合には90センチぐらいの作業スペースをとるのが普通です。逆に300センチなのに、60センチしかスペースをとることをしなければ、使いにくいキッチンになってしまう恐れがあると言えます。

シンクの幅に関しては、60センチから120センチぐらいまで幅広く存在しており、4人以上の家族が住んでいるならば120センチぐらいのものを選ぶと洗い物をする場面でもスペースに余裕ができます。

このように、どのような規格のキッチンにするかによって若干大きさが異なるでしょう。

関連記事

PAGE TOP