キッチンリフォームを検討するタイミング

キッチン自体は10年間から20年間が耐用年数ですが、システムを構成している機器を使用する機会やお手入れを行う回数により違いが起こりやすいため、システムの中でも特に使用頻度が高いガスコンロや水栓、レンジフードなどの状態を1つずつ確認しながらタイミングを検討しましょう。
リフォームをするタイミングとしては通常通り使用する事ができなくなった時が多いですが、その他にも最新のモデルが掲載されているカタログなどを目にして心が惹かれた時も良いタイミングです。
最新型に導入されているシンクは内部に段差が存在せず汚れが蓄積しにくい仕組みになっていたり、意識せずに使用しているだけで排水口にゴミが集まるといった仕組みになっていて清掃がしやすくなっています。
他にも日々の調理をサポートしてくれる頼もしい機能や、便利な機能がたくさん導入されているため調理に際する負担を軽減してくれて楽しく料理が行えます。
このように最新型のキッチンに心が惹かれた時の他に、蛇口から水を流した時に排水口に水が溜まってしまったり、レンジフードから大きな異音が聞こえる場合もリフォームをする目安です。
排水口の水の流れが悪くなるという事は、衛生面を考えた場合にも良くないので早めにリフォームを考えた方が良いのですが、ポイントになるのは一箇所で変調が見られた時には他の部分にも変調が起こっていたり、近いうちに起こる場合が多い事です。
現時点で変調が確認された所のみを直しても程なくして他の所が壊れてしまうと作業に必要な日数や費用、業者とのやり取りが嵩んでしまうため一箇所で変調が確認された時は他の所も入念に点検したり、全てを取り替える事も検討しましょう。
また、最新型のキッチンを目にして憧れを抱いた時の目安に共通しているのが、現状のキッチンでは使い勝手が良くないと感じられた時です。
毎日欠かさず利用する設備であるからこそ、使い勝手が良くない印象を持ち続けていると身体と心の両方に負担がかかり続けてしまいます。
負担を感じない快適な使い心地を実現させるのは身体の大きさや使い方に合っている事が条件になるため、身長に適するタイプを選んだり作業時の動き方に合っている形状を選ぶようにすると良いです。
キッチンに立つ時、単独ではなく夫婦や子供も一緒になって調理をする機会が多いのならL字型にすると狭さを感じないので、調理時に狭さを覚えるようになった時には形状の変化も計画しながらリフォームを検討するのが良い目安です。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP