カウンターキッチンのメリット デメリット

カウンターキッチンのメリット

憧れの対象としている方が多く、新築住宅の購入を検討している方やリフォームを検討している方まで前向きに導入を検討するのがカウンターキッチンであり、様々なメリットがある中で常にリビングの方に向かって作業する特性上、料理をしながら家族とお話が楽しめるというメリットがあります。

同様にリビングの方を向いているキッチンと言えば対面キッチンがありますが、対面キッチンの場合は仕切壁やキャビネットが存在しているものの、カウンターキッチンの場合は視界を遮ってしまう物が一切存在しないので、料理を手がけつつリビングで過ごしている方々と共にお酒を口にして過ごせます。

物理的に仕切壁やキャビネットが存在せずに視界を遮る物が無い事により、室内全体が広く感じられるようになるので手狭な雰囲気が無くなりますし、リビングから入り込む明かりがキッチンまで届くためキッチン内が常に明るい雰囲気にもなります。

そして、カウンターキッチンを選択する家庭は小さなお子様を育てている育児中の家庭も多いという共通点もあり、従来のキッチンの場合は壁に向かって調理を行うため育児と料理などを両立させる事が難しいものの、カウンターキッチンであればリビングの中で料理や洗い物をしているような使い心地なので、常にお子様の動向に目が向けられ安心して育児が行えます。

また、室内にカウンタータイプのキッチンがレイアウトされているだけで全体がお洒落な雰囲気になりますが、キッチンシステム自体にも室内空間のお洒落な雰囲気を高めてくれる仕組みが施されています。

実は一言でカウンターキッチンとは言ってもアイランド型とペニンシュラ型の2つに分類され、アイランド型というのはコンロとシンクで構成されたシステムが独立して室内に設置されているタイプです。

ペニンシュラ型というのはコンロ側もしくはシンク側の一方が壁面に接着している様子になっており、一方が壁面に接着しているのでキッチンに出入りする時には毎回同じ場所を利用する事になりますが、調理時の香りが広がりにくいといったメリットがあります。

デメリットもある

このようなメリットが多く憧れの対象になりやすいカウンターキッチンには、デメリットに感じられる点も存在するので導入時には事前によく把握しておく事が大切であり、中でも従来のキッチンシステムに比較すると物理的にサイズが大きいという特徴から、設置するスペースに十分余裕がある事を確認しておきましょう。

そして、リビングにキッチンシステムが存在しているという事は、リビングスペースから常にキッチンの状態が目に入るという事なので、来客時にお客様に汚れや雑然とした印象に感じられないように常にお手入れを徹底し続ける必要があります。

同様にリビングスペースとの間で境界が存在しないという観点では、油を使用して料理などを行っている際に油がリビングにまで撥ねやすく、ソファやカーペットなどが油で汚れやすい点も挙げられます。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP