外壁のコーキングは打ち替えと増し打ちのどちらがいい?違いを解説

外壁コーキング

家を建築するときには、サイディング外壁の継ぎ目やサッシ周りなど、いろいろな場所にコーキングを施します。コーキングは雨水などの進入を防ぎ、家の構造を守る大切な役割がありますが、寿命は5〜10年と短くだんだん劣化してきます。

外壁のコーキングを補修する方法は「打ち替え」と「増し打ち」の2種類がありますが、

「打ち替えと増し打ちはどう違うの?」

「うちはどちらを選べばいいのかわからない」

と悩む人が多いようです。

そこで今回は、コーキングの「打ち替え」と「増し打ち」について、両者の違いとそれぞれのメリットデメリット、工法の選び方まで解説していきます。

コーキングの打ち替えと増し打ちの違い

外壁のコーキングを補修するときには、打ち替えと増し打ちがあります。

打ち替えは、充てんされている既存のコーキング剤を取り除き、新しく打ちなおす方法です。対して増し打ちは、現在のコーキング剤の上にさらに塗り足し、厚みを確保する工法を指します。

打ち替えと増し打ちではそれぞれメリットデメリットが異なるため、状況に応じて適切に使い分けることが大切です。次章から両者のメリットデメリットを紹介していきます。

コーキングの打ち替えのメリットデメリット

まずはコーキングを打ち替えるメリットデメリットを紹介します。

打ち替えのメリット

コーキングを打ち替えるメリットは、既存のものを完全に取り除き完全に新しいコーキング剤が充てんされるため、防水機能が新築同様によみがえることです。耐用年数も再度ゼロからスタートとなるので、長持ちすることもポイントです。

 打ち替えのデメリット

打ち替えに際しては、既存のコーキングを撤去する作業が発生します。増し打ちと比較すると必要となるコーキングの量も増えるため、工事費用が高くなる点がデメリットです。

コーキングの増し打ちのメリットデメリット

続けて既存のコーキングの上に、さらに塗り足す増し打ちのメリットデメリットを紹介します。

 増し打ちのメリット

増し打ちのメリットは、打ち替えと比較するとコストを安く抑えられることです。増し打ちなら既存コーキングを取り除く必要はなく、そのぶん手間と時間がかかりません。工期を短縮できるうえ、使用するコーキング量も少なくて済むので、結果的に工事費用が安くなります。

 増し打ちのデメリット

コーキングの増し打ちは、打ち替えと比較すると耐久性に劣るデメリットがあります。塗り重ねた部分は新しいコーキング剤であることは確かですが、下にある既存のコーキングが劣化している事実は変わりません。

増し打ちではすでにコーキング剤が充てんされているため、必要な厚みの確保が難しいことも問題です。さらに工事が適切になされなければ、もともとのコーキングと密着せずにはがれてしまうリスクもあります。

打ち替えと増し打ちの選び方

コーキングの打ち替えと増し打ちのメリットデメリットを確認したところで、どちらを選ぶのがいいのかを解説します。

 基本的には打ち替えを実施する

コーキングの補修については、基本的には打ち替えを実施します。増し打ちをすると、工期が短くて済む、コストを安く抑えられるといったメリットがありますが、厚みを確保できない、既存のコーキングと密着しない可能性があります。

コーキングは建物に水が浸入するのを防ぐ目的で施工されますが、基準の厚みを確保できなければ役目を果たせません。コーキングは最低でも10mm以上の厚みを確保することがメーカーに推奨されています。そのためそもそもサイディング自体の厚みが15mm程度なければ、増し打ち自体が難しいといえます。

増し打ちが可能かについての判断は、プロでなければ難しいので業者に相談してみましょう。

 打ち替えができない、短期間の応急処置なら増し打ちもあり

コーキングの補修は基本的に打ち替えを検討しますが、構造上できない場合もあります。たとえばサッシの形状によっては、すでに充てんされているコーキング剤を取り除くのが難しいことがあるのです。無理に撤去したとしても、新しいコーキング剤をうまく充てんできず隙間がすいてしまったり、密着できずにはがれてしまったりする可能性があるため増し打ちを選択します。

また家の建て替えが近い、数年後には外壁を貼り替えるのでとりあえず応急処置しておきたいといったケースでも、増し打ちで対応が可能です。

コーキングの打ち替えや増し打ちはプロに依頼しよう

コーキングの打ち替えや増し打ちは、DIYで行うことも決して無理ではありません。しかし既存のコーキングを取り除くときに下地まで傷つけてしまったり、増し打ちの下処理が不十分ですぐにはがれてしまったりといったトラブルが起こる可能性があります。

またコーキングの補修は、高所作業も発生する危険なものである点にも注意が必要です。コーキングの補修は、足場を組む必要がある屋根や外壁の塗装と同時に行えば費用を抑えられるので、あわせて検討するのがおすすめです。

神奈川・横浜の【屋根・外壁】塗装工事は横浜リフォームにお任せ下さい!

関連記事

  1. 外壁塗装
  2. 屋根・外壁塗装における高圧洗浄
  3. サイディング
  4. ベランダ防水
  5. 外壁リフォーム

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

  1. 内装工事
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP