外壁の藻やコケは危険?原因と対策を解説

外壁リフォーム

外壁に藻やコケが生えていると見栄えが悪いだけでなく、外壁塗装にとってよくない影響を与えると不安に感じる人も多いようです。
実際のところ藻やコケは根を張って繁殖することもあり、放置すると外壁を傷める原因にもなる危険性が高い現象といえます。
よって、外壁に藻やコケを確認したらできるだけ早く専門業者に調査を依頼し、対策を講じることが重要です。
そこで今回は、外壁に藻やコケが生えるおもな原因とその対策について解説したいと思います。

<外壁に藻やコケが生える原因とは>

外壁に藻やコケが生える原因とは、以下の大きく2つです。

・建物が藻やコケが生育しやすい環境にある
・周辺に自然が多い

●建物が藻やコケが生育しやすい環境にある

藻やコケが生育しやすい環境とは、水分があることと適度に日光が当たることです。
このような環境にあると藻やコケが生育しやすくなりますが、とくに雨が上がっても水分が長時間残るようならリスクが高いといえます。
とくに注意が必要なのは、外壁塗装の劣化が進んだ状態です。
というのも、防水機能が低下することで外壁材本体が吸水しやすくなるためで、このような状態は藻やコケが生育しやすい環境を生む原因となります。

●周辺に自然が多い

周辺に川や池などの水場、あるいは森林があるようなら、胞子が飛んでくることが多くなります。
飛んできた胞子が外壁に付着し、そこが生育しやすい環境であれば定着することがあります。

外壁に藻やコケが生えるリスクとは?

外壁に藻やコケが生えた状態を放置すると一定のリスクがあります。
おもなリスクとは以下の2つです。
・外観を損ねる
・劣化を加速させる

●外観を損ねる

外壁に藻やコケがある状態は、見た目を悪くします。
とくに繁殖し広範囲に及んでしまうと、建物自体が古ぼけたイメージを与えてしまうこともあるでしょう。

●劣化を加速させる

藻やコケが生育している外壁は常に水分を蓄えた状態にあるため、劣化は加速します。
外壁材が吸水するともろくなって破損しやすくなり、徐々に建物内部へと水分が及ぶと雨漏りの原因になることもあります。
劣化が著しく進行する前に対策をとることが重要なポイントです。

外壁に藻やコケが生えたときの対策とは?

外壁に藻やコケが生えてしまった場合は、まず洗浄してきれいに落とすことが必要になります。
高圧洗浄をすることでほとんどの藻やコケを洗い落とせますが、場合によっては特殊な洗浄液を使う「バイオ洗浄」をすることも効果的です。
ただし、これら洗浄行為は外壁塗装にも影響を与えてしまうため、その後再塗装をすることが一般的な流れとなります。
塗装の際には、防藻・防カビなどの機能を持つ塗料を使うと再発を防止できます。
その他にも、高耐久なフッ素塗料や無機塗料などを採用すると、防水性を長く維持できるため藻やコケの対策として効果を発揮するでしょう。

まとめ

外壁に生える藻やコケは見栄えが悪いだけでなく、リスクの高い症状になります。
発見したときには、放置するのではなく繁殖してしまう前に専門業者に対策を相談することが重要です。
再発防止の措置を講じることで、外壁塗装は長持ちし、その結果として建物寿命の維持にもつながるでしょう。

 

神奈川・横浜の【屋根・外壁】塗装工事は横浜リフォームにお任せ下さい!

関連記事

  1. 外壁塗装
  2. ベランダ防水
  3. サイディング
  4. 外壁コーキング
  5. 屋根・外壁塗装における高圧洗浄

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

  1. 内装工事
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP