外壁や屋根の塗装で使用される塗料の基本4種類と選び方

外壁や屋根の塗装を考えているものの、どの塗料を選べばいいのかわからず悩む人は少なくありません。塗料と一口に言っても多くの種類があり、特徴が異なるためまずは違いを理解することが大切です。

そこで今回は、「外壁や屋根に使用できる塗料にはどんな種類があるの?」「塗料の選び方を知りたい」といった人に向けて、よく使用される4種類を紹介します。特徴や耐用年数、メリットデメリット、そして向いている家まで紹介しますので、塗料選びの参考にしてみてください。

外壁や屋根の塗装で主に使用される塗料は4種類

建物の外壁や屋根の塗装に使用されるのは、主に以下の4種類の塗料です。

・アクリル塗料

・ウレタン塗料

・シリコン塗料

・フッ素塗料

塗料はそれぞれ特徴や耐用年数が異なり、使用目的や予算にあわせて選ぶのが一般的です。塗料ごとの特徴や耐用年数を紹介していきます。

アクリル塗料

アクリル塗料は、主成分がアクリル樹脂の塗料を指します。軽くて重ね塗りが容易で、発色がいいうえ美しい光沢があります。費用も安価で手軽に使用できる塗料ですが、耐用年数が短く長持ちせず、頻繁な塗り直しが必要になることが欠点です。

耐用年数 3〜8年
メリット ・費用が安い

・ツヤがありハッキリとした色合いが出せる

・扱いやすい

デメリット ・紫外線に弱い

・ヒビ割れが起きやすい

・耐久性に劣る

向いている家 ・頻繁に塗り直してイメージチェンジしたい

・建て替えが近くとりあえず短期間機能を保てればいい

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、主成分がウレタン樹脂である塗料で、弾力があり柔らかく密着性が高いことが特徴です。アクリル塗料に次いで安価なので、費用を抑えて外装を塗装したいときに向いています。細かな箇所や曲面にも対応できることから、複雑な形状をした外壁や屋根にも適しています。ウレタン独特の光沢があるので、気になる人は避けたほうが無難です。

耐用年数 5〜10年
メリット ・高級感のあるツヤ感がある

・種類が豊富

・弾力があるので複雑な形状にも対応できる

デメリット ・紫外線にやや弱い

・防汚性に劣る

向いている家 できるだけ費用を抑えて塗装したい

シリコン塗料

シリコン塗料は、シリコン樹脂を主成分とした塗料です。価格と比較して耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れています。防汚性や防水性も高いことから、「迷ったらシリコン塗料を選べ」と言われるほど、外壁や外装の塗装ではよく選ばれる塗料です。

耐用年数 7〜15年
メリット ・耐候性・耐熱性・耐水性が高い

・コストパフォーマンスが高い

・ツヤ感が長持ちする

デメリット ・種類が多く混乱しやすい

・シリコンの含有量により性能が異なる

向いている家 コストパフォーマンスを重視したい

フッ素塗料

フッ素樹脂が主成分のフッ素塗料は、耐久性が高いことが特徴です。紫外線に強く、汚れも落ちやすいのでメンテナンス性に優れています。他の塗料と比較すると価格は高くなりますが、ほかの塗料よりも塗装回数を減らせます。

耐用年数 12〜20年
メリット ・耐候性・耐熱性・耐水性が高い

・耐久性が高くメンテナンス回数を減らせる

・親水性が高く汚れがつきにくい

デメリット ・価格が高い

・塗膜が硬くヒビが入りやすい

向いている家 塗り替えの回数をできるだけ減らしたい

まとめ

外壁や屋根の塗装に使用される主な塗料を4種類紹介しました。塗料はそれぞれ特徴や耐久性が異なるため、目的や予算にあったものを選ぶようにしましょう。

また、どれだけ高級で品質がいい塗料を選んだとしても、塗装業者に知識とノウハウ、そして技術がなければ良い結果は得られません。塗料の性能だけではなく、業者の技術力を見極めることも同じぐらい重要です。

 

神奈川・横浜の【屋根・外壁】塗装工事は横浜リフォームにお任せ下さい!

関連記事

  1. 外壁コーキング
  2. 外壁リフォーム
  3. 外壁塗装
  4. サイディング

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. 外壁塗装
  2. サイディング
  3. カバー工法
  4. 屋根塗装
PAGE TOP