家事動線を考えて家事が快適になるリフォームをしよう!

家事動線を考えて家事が快適になるリフォームをしよう!

はじめに

日々の家事を効率的に行い、心身の負担を軽減したいと考える方は多いでしょう。そのために、家事動線を見直し、リフォームを行うことが重要です。キッチンや洗面室、水回りなどの家事動線を改善することで、家事が快適になり、ストレスが軽減されるでしょう。

動きやすくて片付けも楽になる家事動線に見直しましょう

家事が負担に感じていたり、毎回長い作業時間を要してしまうという場合は家事導線を見直した上で理想的な動き方ができるようにリフォームを施すと効率的かつ、心身ともに負担がかからない生活が送れるようになります。

キッチンは調理器具の他に日々の食事に使用する食材も多く保管する場所であり、中にはお米など重量がある物もありますが、お米などの重量がある物は収納場所として選ばれやすい下部ではなく、腰の高さ付近にある収納棚に収納すると逐一腰を曲げずにお米が取り出せるので、手間に感じない上に腰にも負担がかかりません。

洗面室等水廻り動線を確保

また、毎日欠かさず行う事柄であるが故に家事導線による恩恵に授かりやすい点としてあるのが洗面室などの水回りであり、洗面室では身支度をするだけではなく洗濯なども行うため、洗面室で行う作業を今一度見直して家事導線を考案する事が大切です。

そこで、洗面室は洗濯機を設置し洗濯も行う場所であるという特性から洗面室で洗濯物を畳んだり、アイロンがけに至るまでお洋服に関する事を一貫して行える場所として位置づけてリフォームを施せば、各段階によって部屋を移動したり作業のために要する道具を毎回取り出すといった手間が解消できます。

水アイロンのやり方!これで洗濯もらくちん

そのため、家事導線に意識して洗面室のリフォームを行うと良い工夫として挙げられるのが、洗濯機を設置するスペースの横側に水気を含んだ状態でも洋服を置いても問題が無い水アイロンが行える作業台を設ける事です。

水アイロンというのは、乾ききる前の洋服を一度きっちりと畳んだ上で重ねて20分から30分間置いておく様子を指し、時間が経過した後に広げて干せば水分の重量によって自然にシワが伸びるため、アイロンがけをしなくてもシワが無い様子にさせられるテクニックです。

従来の水回りの住宅設備や間取りでは水分を含んだままの洋服を畳んで置いておくスペースを確保する事が難しいため、家事導線を意識した水回りリフォーム時に専用の作業台を設けておくと家事が快適になります。

おわりに

家事動線を考慮したリフォームを行うことで、家事が効率的に行えるようになり、負担が軽減されます。キッチンや洗面室、水回りなどの動線を見直し、家事にかかる時間や手間を減らす工夫を施しましょう。これにより、快適な生活を送ることができるようになります。

関連記事

  1. シニア世代の快適生活をサポートする住まいのリフォームアイデア

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. リフォーム準備 希望・要望をピックアップする。

横浜テックワンサービス

横浜テックワンサービスでは、
横浜・泉区・戸塚区など神奈川を中心に戸建て・マンションリフォーム リノベーション等 特に水回りリフォームが得意で、安心価格で高品質なサービスを提供しております。
ぜひ他社との比較もお試しください!

PAGE TOP