使いやすいキッチンの間取りは?

使いやすいキッチンの動線を考慮する

見た目と使い勝手が上手く両立できている理想的なキッチンスペースの間取りを完成させるためには、キッチンで作業をしながら過ごす時の導線を考えつつ計画していく事が大切です。

導線というのは室内を移動する際に自然と選択して通る経路を表した線の事を指し、キッチンシステムの中での導線を明瞭化させた上でできるだけシンプルな線に仕上げる事により、料理を行う際に効率的に動けるようになります。

導線は一般住宅はもちろんオフィスなどでも思慮される点ですが、住宅におけるキッチンではワークトライアングルを意識して計画していく事がポイントです。

ワークトライアングルとは?

ワークトライアングルは、システムキッチンを構成していてキッチンスペースで作業をする際に常に使用し続けているコンロとシンク、冷蔵庫の3つの設備を要点にして導線を計画する術です。

具体的にはコンロとシンク、冷蔵庫を必要に応じて行き来する際の合計距離が3m60cmから6m60cm以内にすると効率的に動く事ができ、それぞれの場所へは片道で1m20cm以上にするとより良いです。

1m20cm以上の距離を確保する事ができれば比較的配膳や収納が多くても食器類が並べられますし、同時に空いているスペースで調理を続ける事もできます。

もちろん、手狭であるよりも広い方が快適性が高められるものの、広すぎると移動する距離が長くなり調理に要する時間が長引く事例もあるため、距離の目安を参考にして程良い長さを確保するようにしましょう。

さらに、目安の距離は1人でシステムキッチンを使用して料理をする事例を元にして算出されている数字なので、毎日複数の人々がキッチンスペースに入り同時にシステムキッチンを使用するのなら、距離を伸ばすと人数が増えても快適です。

加えてキッチンを使用する方の利き手も思慮し、右利きの方がキッチンに立つのなら右回りに冷蔵庫とシンク、コンロを導入するとスムーズに食材の手配や各作業が行えます。

I型システムキッチンのメリット

そして、システムキッチンの種類は6種類に分かれており調理時に移動する方向が横方向のみで流れるようにして作業できるのがI型です。

I型はキッチンやダイニング以外のリビングなどの間取りにより動線が変化させられる特性もあり、システムキッチンが壁に接している側とは反対側にダイニングテーブルを置くスペースがあるのならダイニングテーブルを置くと、料理を行っている時の横移動をしたまま出来上がった料理を配膳したり、食後の食器をスムーズにシンクに運び入れられます。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP