マンションリフォームの基礎知識:マンション構造の違い

マンションの構造は、組み立て方によって「ラーメン構造」と「壁式構造」の2種類に大きく分けることができます。

「ラーメン構造」とは柱と梁で建物を支える構造のことで、ドイツ語の「額縁(Rahmen)」が名前の由来で麺類とは関係はありません。垂直方向の柱と、柱同士を繋いで平行に掛けられる梁で長方形の枠組みを作り、これを基に壁や床を取り付けます。

柱と梁を強く固定することで筋交を導入しなくても耐震性を確保しやすくなっており、室内には動かせない壁がないため自由な空間を作りやすくなっていることが大きな特徴となっています。低層から高層マンションまで幅広く対応することが可能で、基本的に建物の構造に影響しない壁であれば取り外しや移動、フォームの際の間取り変更の自由度が高いことからより広い空間を作りだすことが可能となっているため、将来的に大掛かりな間取り変更などのリフォームの自由度が高くなっています。

一方の壁式構造は、床と天井・4枚の壁で空間を構成する構造で、壁には縦や横からの力に強い鉄筋コンクリートの耐力壁が使われます。柱と梁という「線」で支えるラーメン構造と異なり、壁という「面」で建物を支えるため、室内に凸凹が少ないすっきりとした空間を生み出すことができるので家具の配置がしやすくなっていることが特徴です。

厚みのある耐力壁は断熱性が高く、冷暖房の効率に優れていることに加え、防音効果もあるため静寂性も高いものの、耐力壁は建物を支えるために取り払うことができないため、リフォーム時の間取り変更の自由度は低くなります。

また、ラーメン構造と比較して建物自体の自重があるため高層マンションには適さず、主に5階建てまでの低層マンションで用いられる構造です。

このように構造の違いによって家具の置き方や将来のリフォームが変わりますが、物件情報や広告には構造までは記載されていませんので、何階建てのマンションか、間取り図に出っ張った部分はないか、の2点を購入する前に確認することが大切です。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP