浴室リフォームのポイント

長年にわたり毎日利用し続けてきた浴室を浴室リフォームすると心地良さが良好になる上に気持ちも新たにさせられますが、より一層心地良さをと利便性を向上させるべく要点を抑えて浴室リフォームを行う事が大切です。

浴室を構成する上で欠かせないのが浴槽と洗い場が挙げられ、浴槽には多種多様な大きさやデザインが展開されていますが、浴槽選びを行う際に意識すべきなのが大きさについてです。

浴槽に身体を入れた際に手足がしっかりと伸ばす事ができ、浴槽の中で過ごしている時にリラックスした気持ちで過ごせる大きさを選びましょう。

大きさが重要であるのは洗い場も同様で、浴槽がゆったりと過ごせる大きさを有していたとしても洗い場が狭いと入浴に関する全体的な印象がリラックスした気持ちにする事が難しいため、洗い場に関しても広めにする事がポイントです。

また、浴室リフォームは快適性と共に安心性にも目を向けて選ぶ事が重要であり、特に安心性で大切なのは浴室で発生する事故の事例の中で最多のヒートショック対策を施す事です。

ヒートショックは浴室と脱衣所にて生じる温度差により引き起こされ、大きな温度差により急激に血圧が高まり僅かな距離を移動しただけで倒れてしまう方が少なくありません。
中でも高齢者は影響を受けやすい特性があるため、自らの年齢が高い方や高齢者と共に生活をしている方が浴室リフォームを行う際には、ヒートショックへの対策も入念に行いましょう。

ヒートショック対策で効果的なのは高い保温性を有している浴槽を選定したり断熱材を用いるといった様子であり、他にも暖房機能を設けて気温差が発生しないようにすると空間を移動してもヒートショックのリスクが減らせます。

さらに、安心性を高める点では浴室内の床面を滑りにくい素材の床にしたり、洗い場と浴槽の中間部に手すりを新設すると入浴時に要する浴槽の段差を乗り越える動作が快適かつ安心になり、入浴時間がより充実したものになります。

PAGE TOP