リフォーム準備 マンションでできること できないこと。

これからマンションのリフォームをしようと検討している人もいるかもしれませんが、その準備段階として、マンションリフォームでできることとできないことを把握しておくことは重要です。

マンションでは戸建てとは違い、住人が自分の都合で変えてはいけない場所があるなど、特有の制約があるので注意が必要です。

基本的に住人が所有権をもっている専有部分はリフォームすることができ、それ以外の共用部分はできないのが原則となっています。

分かりやすく言うと天井と床、また壁でかこまれた室内空間においては可能であるととらえておけば分かりやすいでしょう。

しかしこれを細かく見ていくと、かなりややこしいことがわかります。

例えば玄関ドアと窓を考えた場合に、これらは専有部分だからリフォームできるのではないかと思う人がいるかもしれませんが、玄関ドアの内側は塗り替えやシート貼りのみの変更はできますが、廊下に面している部分はリフォームすることができません。

また窓に関しサッシが共用部分にあたるので交換することはできないでしょう。専有部分であっても制約が生じやすいのが水回りです。

浴槽やトイレ、シャワーヘッドやキッチンユニットなどといったものはリフォームすることができますが、排水管や給水、ガス管や電気配線などのパイプスペースはいずれも共用部分にあたることから、移動することはできません。

ベランダやバルコニーは専有部分にあたると思うかもしれませんが、これは専用のものとして使う権利を与えられているだけなのであり、非常時には避難経路となる共用部分にあたります。

床材の変更についても注意が必要であり、遮音性を保つために使える床材の基準が設けられていたり、カーペットや畳からフローリングに帰るといったものも禁止されていることもあります。

このようにリフォームできることとできないことは建物によって異なることもあり、これからリフォームを考えているのであれば、事前にしっかりとした相談が必要です。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP