玄関ドアのリフォームをしたほうがいいときはどんなとき?

玄関ドアリフォーム決断すべき時期は?

毎日使用する玄関ドアは、開閉によって老朽化が生じたり、太陽光を受けてダメージが蓄積します。

当然ながらいつかはリフォームが必要ですから、傷みが見受けられる場合は、前向きに検討を始めるのがいいでしょう。

玄関ドアの開け閉めがしにくい

玄関ドアのリフォームを検討したほうがいいのは、開閉がスムーズに行えなくなったり、音が気になり始めたときです。

開閉は蝶板がドアの重みを支え、そして開閉の動作を担いますから、使えば使うほど問題が生じやすくなるのは当然です。

その代表的な問題の1つが開閉の感覚で、引っ掛かりを覚えるようになったら要注意です。

不快な音の発生

また、きしむような不快な音の発生も、玄関ドアのリフォームを考えたほうがいい切っ掛けになります。

表面塗装を綺麗にしたい

表面塗装が傷んで新しくしたい、そういう場合もリフォームを検討する余地ありです。
玄関ドアは時代と共にデザインが増えていたり、選択肢が豊富になっています。

5年10年前と比べれば、色や形を含めてかなり選べますから、自分好みの楽しいドア探しができるでしょう。

建具が新しくなると気分が変わりますし、住宅のイメージもいい方向に変化するので、古くなった玄関ドアは交換をおすすめします。

外気を採り入れる機能も登場

近年は、新鮮な外気を採り入れる機能を備えるドアも登場していますから、リフォームによって見た目が新しくなる上に、利便性も同時にアップします。

防犯性を高める

防犯意識が高まり、まずは玄関ドアからセキュリティを高めたいという場合も、リフォームのいいタイミングになります。

従来の鍵を差し込んで回すタイプは、ピッキングで解錠されてしまうリスクがありますから、時代に合う新しい仕組みが求められています。

例えば、ICカードで解錠するキーレスタイプだと、物理的なピッキングや鍵破壊のリスクが回避可能です。

開閉がスマートになりますし、携帯電話が鍵になるタイプもあるので、これまでの玄関ドアのイメージが大きく変わります。

折角リフォームを検討するのであれば、現代ならではの玄関ドア事情を把握して理想のドアを思い描いたり、デザインや機能でリフォームするドアを決めるのが理想的です。

まとめ

最近は気軽に玄関ドアをリフォームする家も増えてきています。玄関ドアを素敵にリフォームすることで、気持ちよく出かけられて、帰るのが楽しみになるはずです!
横浜リフォームでは、ご自宅の雰囲気やお客様の要望に合った玄関ドアをご提案することができますので、玄関ドアを交換したいという方はお気軽にお問い合わせください。

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP