リフォーム工事を安心して受けるための完成検査ポイント:注意点とチェックリスト

リフォーム工事を安心して受けるための完成検査ポイント:注意点とチェックリスト

【はじめに】

リフォームは劣化した床や壁を新しくしたり、台所や風呂場の設備を新しくすることですが、工事を依頼するときには注意が必要です。というのも、工事前につくられた設計図と仕上がりが違っていたり、手抜きをしている箇所が潜んでいるかもしれないからです。

【工事完了確認書に注意】

絶対に問題がないことを確認できるまでは、工事完了確認書に署名捺印をしてはいけません。

リフォーム工事が終わった後、工事業者から工事完了確認書に署名捺印を求められることがあります。この書類は、工事が完了し、お客様が工事内容に満足し、問題がないと認めたことを示す証明書となります。ですので、工事完了確認書に署名捺印することは、リフォーム工事に対して責任を持つ意味があります。

以下の点に注意して、工事完了確認書に署名捺印する前に確認作業を行いましょう。

①完成検査の実施: 工事が終わった後、完成検査を行い、問題がないことを確認してから署名捺印しましょう。必要に応じて、専門家に依頼して検査を行うことも検討してください。

②修正・補修の確認: 完成検査で問題が見つかった場合、業者に修正・補修を依頼し、その後再度検査を行いましょう。問題が解決されていることを確認した上で署名捺印をするようにしましょう。

③契約書との照らし合わせ: 工事完了確認書に記載されている内容が、契約書に記載されていた内容と一致しているかどうかを確認しましょう。異なる場合は、業者に確認し、修正を求めましょう。

④納品書・領収書の確認: 工事完了確認書に署名捺印する前に、納品書や領収書を確認し、正確な金額が記載されているかどうかチェックしましょう。金額に誤りがある場合は、業者に確認し、修正を求めましょう。

問題がないことを確認できた後で、工事完了確認書に署名捺印することで、トラブルを未然に防ぐことができます。注意点を押さえて、安心してリフォーム工事を受けましょう。

【完成検査で確認すべきポイント】

リフォーム工事の完成検査では、以下のポイントを確認してトラブルを防ぎましょう。

予定通りの材料が使われているか: 設計図や仕様書と照らし合わせて、壁紙の種類、床板、システムキッチンの型番などが予定通りのものかどうかをチェックしましょう。

①寸法の確認: メジャーや測定器を使って、設計図に記載された寸法と実際の寸法が一致しているかどうかを確認しましょう。また、傾きがないかどうかもゴルフボールやピンポン玉を使ってチェックすることができます。

②傷がついていないか: 完成したリフォーム箇所に傷がないか、特に見落としがちな棚の内部なども入念にチェックしましょう。

③設備の動作確認: トイレや風呂場などの設備をリフォームした場合、実際に動かして使えるかどうかを確認しましょう。水漏れがないか、特に風呂場では水を溜めて確認することが望ましいです。

④戸棚やふすまの開閉確認: スムーズに開閉できるかを一つ一つ調べましょう。異音がすることもあるため、声を出さずに開閉して確認し、扉の蝶番の取り付けがしっかりとされているかもチェックしましょう。

⑤外装リフォームの場合の耐久性確認: 建物の耐久性に関わるため、特に注意が必要です。ひび割れがないか、コーキングや塗装が隙間なく行われているかを確認しましょう。高所の箇所は双眼鏡や単眼鏡、カメラの望遠機能で拡大して確認する方法がおすすめです。

これらのポイントを押さえて完成検査を行い、リフォーム工事が適切に行われているかを確認しましょう。問題がないことを確認できた上で、リフォーム工事に対して責任を持つことができます。注意点を押さえて、安心してリフォーム工事を受けましょう。

さらに、完成検査だけでなく、以下のポイントにも注意してリフォーム工事を進めることがおすすめです。

①見積もりの確認: 複数の業者から見積もりを取得し、比較検討することで適正な価格でリフォーム工事を受けることができます。

②契約内容の確認: 契約書には工事内容や工期、費用などが明確に記載されていることを確認しましょう。不明な点や疑問点があれば、業者に確認して解決しておくことが大切です。

③進捗状況の確認: 工事中も定期的に現場を訪れて、進捗状況を確認しましょう。工事が予定通り進んでいるかどうかを把握しておくことで、問題が発生した場合にも早期対応が可能となります。

④アフターサービスの確認: リフォーム工事が完了した後も、アフターサービスを提供してくれる業者を選ぶことが望ましいです。保証期間やメンテナンスの内容などを事前に確認しましょう。

これらのポイントにも注意し、トラブルのないリフォーム工事を目指しましょう。リフォーム工事における注意点や確認事項を押さえることで、安心して理想の住まいづくりができます。

【おわりに】

リフォーム工事が完了した後も、しっかりとした完成検査を行い、問題がないことを確認することが大切です。自分でできる範囲のチェックや、専門家による確認を行い、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

 

横浜テックワンサービスは横浜泉区を中心に全面改装リフォーム・リノベーション・増改築・水回りリフォーム等リフォーム全般を行っている地域密着のリフォーム会社です。
お客様に合ったベストなプランをご提案いたします。
リフォームでお悩みなら是非、ご相談・お問い合わせください。

関連記事

  1. バスルームリフォームのユニットバス選び:サイズと機能に注目して快適なバスタイムを実現
  2. 屋根リフォーム 屋根を綺麗にする3つの工法
  3. 地域密着型

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事

横浜テックワンサービス

横浜テックワンサービスでは、
横浜・泉区・戸塚区など神奈川を中心に戸建て・マンションリフォーム リノベーション等 特に水回りリフォームが得意で、安心価格で高品質なサービスを提供しております。
ぜひ他社との比較もお試しください!

PAGE TOP