リフォーム準備 希望・要望をピックアップする。

現状の住まいへの不満をリストアップする

住宅のリフォームを検討する場合は、希望や要望を書き出すことで、リフォーム準備を始めることが大切です。

改めて書き出すことによって、自分が何を希望しているのか、どういったリフォームを希望するかが客観的に把握できます。

まずは水回りや収納など、具体的に日頃困っている悩みをピックアップしてみましょう。
日当たりや風通しといった要素についても、同様に希望・要望を書き出すことがリフォーム準備に繋がります。

一方では、バリアフリーに関する不安や悩みも書き出して、リフォームのヒントにすることがポイントです。

少子高齢化が進む日本では、親子で一緒に暮らすケースが少なくなく、足元が生活の快適性を大きく左右しています。

バリアフリーはあっても困りませんし、リフォームの機会が導入のチャンスですから、必要性を検討してシミュレーションを行ってみましょう。

どういったところの段差が気になるか、何処がバリアフリーだと助かるかなど実際に床を確認しながら歩いてみると、安心快適を実現するバリアフリーのヒントが得られます。

折角リフォームするのであれば、現在不満に感じている設備を新しくしたり、希望する設備を追加で設置するのが賢明です。

キッチンをオール電化に変えたり、お風呂にジャグジーをつけたりと、希望や要望を書き出すことでリフォーム準備が進みます。

実際にリフォームするかは別としても、不満や欲しいものを書き出すのは良いことです。
そうすることで、設備や建材の経年劣化具合や、将来のライフスタイルの変化が再確認できますし、本当に何が必要なのかが見えてきます。

実現したいものから順に優先順位をつける

書き出した希望・要望の一覧は、一番実現したいものから順に優先順位をつけましょう。
後は予算と相談してリフォーム準備を行い、リフォーム会社に伝えて見積もりを出してもらったり、話し合いを詰めていくこととなります。

リフォーム業者選びは重要

リフォームを成功させるには、自分にあった業者を選ぶことが大事です。

自分の理想とするリフォームに合う提案をしてくれるか、的確なアドバイスをしてくれるリフォーム会社やスタッフを探すことも重要です。

この業者選びや、見積もり内容のチェック、打ち合わせにも意外に時間を費やすので、早めに全体スケジュールの把握をしておくことが大切です。

リフォームはそれなりのお金が掛かりますが、だからこそ妥協なく、心から満足できる結果を目指すことが大事です。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP