リフォーム準備 見積書で失敗しない為に!

予算と内容をはっきり伝えましょう

いくつかの候補から依頼するリフォーム会社を絞り込んだ後は実際に工事を行う家を見て頂き、プロの目から見積もりをしてもらいます。

見積もりが行われる時に会社側から質問されるのが行うリフォームの内容と考えている予算なのですが、予算は考えている予算をはっきりと具体的にお伝えしつつ、工事に希望している内容もお伝えする事が大切です。

高額な費用の施工内容を紹介されたり、低予算である場合の印象を心配して実際の金額が伝えにくいという依頼主は少なくないものの、見積もり時に総見積もりとお伝えしておくと相場から大きく離れた費用が提示される事は無いので安心です。

見積書の詳細を出してもらいましょう

そして、見積もりをして頂く場合には可能な限り項目を細かく分けて見積もりを出して頂く事も大切であり、項目を細かく分けて頂く事で依頼主が各項目に目を向けて必要性などに気が付きやすくなる上に調整が行いやすくなります。

また、リフォームを行う時の見積もりについては見積書自体も考える事が失敗しないためにポイントであり、その理由は概算で見積もりをする時には無料で行っている会社が多くても、詳しい見積もりを手がける時にはプランニング料という名前で料金が生じる事例があるためです。

リフォームを施す物件の間取り図が用意できるのなら、見積もりを依頼する時に会社側に見せてあげられるように予めコピーを用意しておくと円滑です。
間取り図を用意し見て頂けるようにする事で、尚一層高い精度のリフォームの提案と見積もりが示してもらえるようになるためです。

各リフォーム会社へは依頼内容を全て統一する

複数のリフォーム会社に総見積もりをしている事は各会社に対してお伝えし難いと感じる方が多いですが、企業名や内容に至るまでお伝えする必要は無いので抵抗感を持つ必要は無いですし、総見積もりをしているとお伝えする事により金額が適正になり提案内容もより力が入ったものになりやすいです。

そのような総見積もりをする時には依頼内容を全て統一する事が大切であり、他にも手当たり次第の依頼やメールや電話のみでの相談、他者の見積書を引き合いに出して交渉するといった事はしないようにしましょう。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP