高齢者の為のトイレリフォーム これなら安心・安全!

シニア向けのトイレリフォームのコツ

古い住宅で暮らしている高齢者は和式トイレを使い続けている事も多く、座っているだけで腰に負担をかけてしまい、トイレの中でギックリ腰になる事も珍しくありません。
高齢者が安全に暮らせる住宅にするためにも、シニア向けのトイレリフォームのコツを学ぶ事をおすすめします。

和式から洋式トイレへのリフォーム

最初にやっておきたいのが和式から洋式トイレへのリフォームで、洋式にするだけでも腰を真っ直ぐにした状態で座れるようになり、便座から立ち上がる時の腰に対する負担を減らせます。

和式トイレから洋式トイレへ変更 リフォーム注意点!

便座の近くに手すりを取り付けておく

すでに足腰が弱っている高齢者が家族にいるのであれば、便座の近くに手すりを取り付けておく事も重要です。便座から立ち上がる時の足腰への負担は、手すりの有無によって大きく変化するもので、左右の両側の壁に手すりを取り付ける事をおすすめします。

片腕ではなく両腕で手すりを掴みながら立ち上がる事で、足腰への負担を大きく減らせるのが、左右に手すりを取り付ける利点です。

介護が必要なほど家族の足腰が弱っている家庭は、住宅内でも車イスを利用する事になる可能性を考えて、空間を広げるためにトイレリフォームを行ってください。

トイレの空間が広がる事によって、車イスに乗ったまま便座まで移動できるようになり、高齢者の負担を減らせます。車イスから便座に移動する際にも手すりは必要になりますし、バリアフリー化のリフォームを行っておく事も重要です。

ドアを引き戸にする

小さな段差があるだけでも車イスを使うのが難しくなり、段差を乗り越える時の衝撃が足腰にダメージを与える事も珍しくありません。ドアを引き戸にする事でもトイレへの行き来が楽になり、高齢者を介護する家族の負担も小さくなります。

将来的に自分たちが車イスに乗る事になる可能性もあると考えて、新築住宅を設計する段階でシニア向けのトイレの設計を採用する住宅も増えています。

介護のためにトイレの空間を広くするのが難しい場合は、今までとは違う場所にトイレを設置するというプランも考えてください。

まとめ

いかがでしたか?
シニア向けのトイレリフォームのコツとして以下の事をおススメします。
①和式から洋式トイレへのリフォーム
②便座の近くに手すりを取り付けておく
③ドアを引き戸にする

考えて見て下さいね♪

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP