理想的な高齢者向け寝室って?リフォームのポイント

高齢になると、足腰だけでなく全体的な筋力が落ちてきます。またトイレが近くなるなど、若い頃とは違った身体の変化が現れます。体調の急変や思わぬ事故の可能性を減らすために、快適に過ごせる寝室作りを検討してみませんか?

今回は、高齢者が安全に使える寝室リフォームのポイントをご紹介します。

寝室はトイレの近くに移動する

高齢者になると、夜にトイレに行く回数が増える「夜間頻尿」になる人が多くなります。夜中に暗い廊下を歩いてトイレに行くのは、転倒などの思わぬ事故が起こる可能性があり危険です。

また、夜中に家族の手を煩わせたくないからと、トイレに行くことを我慢する人も少なくありません。

その点トイレが近くにあれば、自力で行けるので自信にもつながり、高齢者本人にも余計な気遣いをさせることがなくなります。高齢者の寝室は、可能な限りトイレ近くへの移動を検討しましょう。

和室から洋室に変更する

高齢者の寝室は、和室よりも洋室が適しています。

テーブルとイスで過ごす洋室と違い、和室では床に直接座って過ごすのが基本です。そうすると足を大きく曲げる必要があり、身体にかかる負担が大きくなってしまいます。布団も同様で、ベッドのほうがずっと楽に寝起きできます。

将来車イスになったときのことを考えても、畳からフローリングにしておくのがベターです。その際には、廊下との段差もあわせて解消しておきましょう。

開き戸から引き戸に取り替える

現在の寝室がすでに洋室の場合でも、ドアは開き戸になっているなら、引き戸に取り替えることをおすすめします。

普段何も考えずに使っている開き戸ですが、ドアノブを握って手首の力で回転させる、ドアを引いたり押したりして開き身体を滑り込ませるなど、いろいろな力や動きが必要です。

その点引き戸は軽い力で横に引くだけで開閉できます。車イスになったときでも身体をひねることなく、正面から自力で開閉して出入りできるのもメリットです。

まとめ

高齢者の寝室のリフォームを考えるときには、「できるだけ自立した生活ができること」「身体に負担がかかりにくいこと」の2つを意識するのが成功ポイントです。

将来車イスになる可能性を考慮しておくことも大切です。

辰技建でも、和室から洋室へのリフォームなどのご相談に応じています。まずはどんなことでも、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

  1. 内装工事
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP