トイレリフォームで床選びのポイント!

 

トイレリフォームの際に重要なポイントとなるのが床選びです。非常に狭い場所であるためあまり強く意識をしないことも多いのですが、家の中で意外と長い時間いることが多いところでもあるため、床の色や模様は意外と気になるものなのです。

また汚れが付着しやすいと言う面もあり、水はねなども起きやすい場所でもあるので、これらの点に注意して慎重に選ぶことが求められます。

比較的すっきりしたイメージが良いと大柄のものを選んでしまう人も多いのですが、一般的にトイレは非常に狭いので大柄の模様を選ぶと逆に狭さを強く感じてしまうものです。
すっきりしたからにしたいと格子柄やタイル柄を選ぶ人も多いのですが、この場合にも大きめのデザインにしてしまうと逆に狭さを感じてしまうものとなるので注意をしなければなりません。

また広さをできるだけ感じるようにするためには壁や天井の色との配慮も十分に行うことが必要です。

壁の色と床の色が全く異なると違和感を感じてしまい窮屈に感じてしまうことが多いため、比較的同系の色にする方が床から壁の広がりを感じられることになり有利です。

トイレの床選びで注意しなければならないポイントに、その材質があります。すっきりしたイメージにしたいと最近流行のフローリングにする人も多いのですが、フローリングの場合には手入れが非常に大変になります。

また大きな便器が中央に来るために掃除機が入りにくい状態となることも多く、こまめに掃除をする事は非常に難しいケースが多いのです。耐水性の床材が適していますが、最近ではフローリング柄のものもあるのでこれらを有効に利用すると便利です。

トイレリフォームを行う際には、様々な壁紙や床材の中から好きなものを選ぶことができるケースが多いのですが、色の系列を合わせることと比較的丈夫な素材のものを利用することが必要です。全体を広く見せることと、掃除のしやすさを重点的に考慮し、床選びをすることが失敗しない選び方の秘訣となっています。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP