団地の浴室リフォーム

12月19日(木)

おはようございます。

本日は、全面改修工事現場の浴室のご紹介です。

 

この現場は団地なので

元々は浴槽の横に釜があるタイプのお風呂。

釜があると浴槽が狭くなってしまうんですよね。

 

せっかくリフォームするので

この釜を撤去して

できれば浴槽を広く快適にしたい。

 

そのためには給湯器を別に設置する必要があります。

この団地の場合、給湯器を新しく設置するとしたらベランダ。

給湯器の設置が許可されない住宅もある中、こちらでは許可が頂けたので

設置完了♬

 

この配管は前回のブログにて紹介させて頂いていますが

このように浴室まで給水給湯配管を設置しました。

 

その結果

壁から壁まで浴槽にすることができました(*^^*)

 

施工前

 

 

施工後

ユニットバスはサイズが合わないので

バスパネル施工です。

浴室ドアも新しく交換しました。

 

これで追炊きもできるので水道代の節約にもなるかな?

何より水廻りがきれいだと嬉しいですよね。

 

施工期間の限られた現場でしたが

きれいな仕上がりに満足して頂けたと思います。

 

これからもお客様の生活の質の向上に

貢献できるリフォームができるよう精進して参ります!

(^o^)丿

 

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP