人気の戸建て水回り4点パックの紹介

設備本体と工事費用が全てセットになっているのでお得です

家の中でもキッチンやトイレ、浴室などは毎日使用する設備なので、他の場所と比較して劣化するのが早くなりがちです。

設置時期が同時期であるため汚れが目立ち始めるのが同じころで、トラブルが発生するのも重なるケースが多くなるため、実際にリフォームの要望が一番多い場所がこれらの水回りです。そのため、多くのリフォーム会社では水回りに関する設備をセットで一新できるように戸建て水回り4点パックとして取り扱っているので、一戸建て住宅で水回りの設備のリフォームを検討するなら選択肢に入れてみるのがおすすめです。

戸建て水回り4点パックの内容はユニットバスとシステムキッチン、洗面化粧台、トイレの4ヵ所で、これらの設備本体と工事費用が全てセットになっています。

工事内容は設備の設置と既存解体撤去、配管と配線工事で、新設備設置に伴う床や壁、天井などの内装工事も工事費用に含まれているのが一般的ですが、排水位置をずらしたり脱衣所などのクロス替えなどは別途工事費用が発生します。

工事内容がどこまでとなるかはリフォーム会社によって判断が異なるので、見積もりを依頼する時点でしっかりと確認しておくことが必要です。

設備本体は基本的にシンプルな標準仕様の設備が多い傾向にありますが、グレードアップされた設備やオプション機能を追加できるケースが多いです。

また、メーカーについては、リフォーム会社によって設備ごとにメーカーが異なるケースと、全ての設備が同一メーカーで統一されているケースが存在します。

個別にリフォームするよりも大幅に費用が抑えられる

戸建て水回り4点パックを利用する最大のメリットはこれら4ヵ所を個別にリフォームするよりも大幅に費用を抑えられることですが、その理由は、リフォーム会社が4つの設備をまとめて仕入れるため仕入れ単価が安くなることと、工事内容が決まっているため手間が一度で済むこと、人件費を削減できることによります。

リフォーム会社がメーカーから仕入れをする際は一般価格よりもかなり値引かれた価格となっていますが、更にそれをまとめて仕入れることになるので割引率もアップします。

工事に関しても内容が毎回ほぼ同じで配管工事などが一度で済むことに加えて、顧客との少ない打ち合わせでも工事がスムーズに進むなど、リフォーム会社にとってもメリットが多くなります。

また、メーカーサイドでも多くの人に自社製品を知ってもらうことにことに繋がるなど、3者ともに大きなメリットがあることが水回り4点パックの特徴となっています。

一方のデメリットとしては、設備があらかじめリフォーム会社によって決められたものに限定されているため、その中から選ばないといけないことです。

どうしても使いたいシステムキッチンなどの設備がある場合は不向きと言えるかもしれません。

水回りの寿命は10年から20年程度と言われています。

長く住むならリフォームは欠かすことができないものなので、水回りのリフォームならお得に利用できる戸建て水回り4点パックの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
 

戸建て水回り4点パックの仕様はこちらから

(NORITZ+LIXIL)戸建向け 水まわり4点セット

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP