台風被害による屋根工事

12月6日(金)

 

台風被害による屋根工事現場をご紹介します。

台風により、板金が飛ばされてしまいました。

   

 

こちらも風の影響により板金が浮いて釘が飛ぶ寸前です

 

このままだと水が浸入してきて棟板がダメになってしまいますので

全体的に浮いている釘は、増し締めをし修理を行いました。

台風被害にあった棟が飛んでいる部分は

腐っている板も交換して新規に新しい板金を取り付け、工事完了です。

突然の自然災害

保険が適用できる場合もありますので

困ったときは一度、ご相談くださいませ(*^^*)

関連記事

  1. ベランダ改修工事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP