これでわかった キッチンリフォームの最適な選び方

キッチンリフォーム

一言でキッチンリフォームといっても様々な種類の中から選ばなくてはなりません。どのタイプを選ぶかによって部屋全体の印象はもちろんのこと、生活スタイルにも大きく影響することから、自分たちにとって最適な選び方が求められます。

キッチンリフォームの最適な選び方としてまず重要になるには、キッチンの大きさを正確に測ることです。キッチンリフォームはかなり大がかりなものを除き、その大部分が機材の入れ替えに近いような工事になるでしょう。現在の配管をなるべく生かすような工事の方が費用の面では安上がりになり、現在の家事動線を変えずに済むというメリットがあります。

古くなった設備を新しくするという意味でのリフォームであれば、この傾向が強くなるものです。一方で現在のキッチンが使いにくかったり、全く新しい構造にかえたいという希望があるのであれば、限られたスペースの中でどのようなタイプであればリフォームが可能であるかを正確に知る必要が出てきます。どちらを希望するのであっても、最初におこなわなければならないのはキッチンサイズを正確に計測することです。

まずは間口と呼ばれる部分と横幅と奥行きを計測します。もしも構造的に余裕があるのであれば、あとどれくらい間口を広げることができるのかを知るためにも、周辺の計測も必要となります。そしてキッチンの高さも測ることが大切です。最も使いやすいと言われている高さは身長の数字を2で割って、そこに5センチをくわえた数値です。高すぎても低すぎても体には大きな負担がかかることになるので、頻繁にキッチンを使う人の高さに合わせるのが理想です。

そしてリフォームする型の種類を選ぶ必要があります。もっとも一般的なコンロやワークスペース、シンクなどが直線上に並んでいるタイプがI型で、これに加え側面にも配置があるものがL型となっています。この二つが主流となっていますが、どのようにレイアウトするかによって壁付けにするのか対面型にするのか、それともアイランド型などにするのかがきまってきます。自分の理想と計測したスペースを合わせてみて、実現できるのかどうかを判断することになるでしょう。

最後にシステムキッチンを選ぶ際のチェックポイントとしては、機能面としては収納スペースの広さと機能性が求められます。食器や調理器具が多いのであれば、必要なものがしっかり収納できるかどうかを検討します。構造面では既存のインテリアに合うデザインや色合いを選ぶことが求められます。そのほかにも配管の類の有無や工期の長さ、水栓や換気扇の作動音などもしっかりとチェックしておきましょう。

関連記事

  1. 水回りリフォーム
PAGE TOP