ガスコンロからIHヒーターに変更する時の注意点

IHクッキングヒーターは電気の熱を使用しているシステムで、色々なメリットがある事が特徴ですが、ガスコンロを使用している場合にIHヒーターへと変更するにはどんな注意点があるのでしょうか。

まず電気工事が必要になる場合には、基本的にキッチン周りに電源を延長する事で済むのですがこの際に注意点があります。

IHヒーターは200Vの専用回路が必要で、分電盤内の配線が単相3線式という物であれば、切り替え作業が簡単ですが、少し古い住宅の場合は単相2線式という方法のケースがあるのです。

この場合3線にする工事が必要となり、ブレーカーなども変更する事が考えられますので、余計な工事費用や時間がかかってしまう事に考慮しておく必要があります。

またガスコンロがキッチンに備え付けられている埋め込み型の場合は、取り外しの工事も発生しますので自宅のシステムを確認しておくと良いでしょう。

配線工事が完了するとIHヒーターの機器を取り付ける事ができますが、IH機器の価格面も比較する事が大事です。

一般的なガスコンロと比較すると、IHヒーターは価格が高いという傾向があります。

一口タイプのIHヒーターでも2〜3万円以上するケースがあり、工事費用などを含めると初期費用が高くなる印象があるでしょう。

しかしネット通販を利用すると実店舗よりも低価格で購入できますし、工事費用も一緒に含まれているセット商品も見受けられます。低価格を重視する場合は、このようなネット通販を利用するのも方法の1つです。

初期費用としてはある程度かかりますが、IHヒーターはランニングコストや、安全性に優れているメリットがあります。

プロパンガスを使用している場合は都市ガスよりも高額な単価ですので、電気を使用した方が安くなる場合もあるでしょう。

またIHヒーターは電力で調理をしますので、火災の発生が少なくなる事が挙げられます。
このようにガスコンロからIHクッキングヒーターに変更する場合には、電源のシステムにまつわる工事面やIH機器の選び方なども注意点として抑えておく事が大事となります。

PAGE TOP