リフォームにおける増築と改築の違い

リフォームする前に増築と改築の違いを把握しておきましょう!

住宅をリフォームしようといろいろ調べていると、その種類として増築と改築の二つの種類を目にするかもしれません。

これらを二つ合わせて増改築と呼ぶこともありますが、この二つにどのような違いがあるのかわからないという人は多いものです。

似たような言葉ではありますが、増築と改築には違いがあり、はっきりとした定義もあるので、実際にリフォームを行う前にそれらを把握しておく必要があります。

増築とは?

まず最初に増築についてですが、現在ある建物を壊すことなく、例えば平屋を2階建てにk変えたり、敷地内に新しい建物をつくるなどして、同じ敷地の中で建物の床面積を増やすリフォームを増築と呼びます。

これに対し床面積が減少する場合には減築という言葉が使われます。

これらはリフォームの一種であることから、建て替えを行うよりもスピーディーに工事を終えることができ、費用の負担も少ないという特徴があるものの、建物の状態によっては補強や修繕が必要となるケースもあります。

場合によっては建て替えよりも寄与が大きくなってしまう可能性もあるので、事前にしっかりとした確認が必要です。

改築とは?

もう一方の改築についてですが、これは床面積を変えることなく、間取りの変更を行ったり、構造部分の工事を行うことを指しています。

言葉が似ていることから、改装と思われがちですが、改築は構造部分の一部やすべてを一度壊し、新しいものに修理することです。改装とはどのようなものなのかというと、壁紙を張り替えたり模様替えを行うことが一般的だとされています

これらのことから増築と改築の大きな違いは床面積が増えるかどうかであることがわかります。
どちらを見ても建て替えよりもコスト面で非常にお得で、居住したままの工事も場合によっては可能です。床面積の増加が10平米以内であれば確認申請も不要で、悩みをピンポイントで解決することができるメリットがあります。

関連記事

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

  1. 内装工事
最近の記事 おすすめ記事
  1. ベランダ防水
PAGE TOP