キッチンに床下収納を後付けしよう!メリットと注意点

床下収納 キッチン

長く家に住んでいるとものが増えてきて、置き場所に困ってしまいます。「キッチンに床下収納がほしいな」「でもあとから床下収納って作れるのかな」と考えていませんか?

床下収納は、後付けすることも可能です。今回は、キッチンに床下収納を後付けするメリットと、リフォームするときの注意点を紹介します。

キッチンに床下収納を後付けするメリット

キッチンに床下収納を後付けすると、次のようなメリットがあります。

 デッドスペースを有効利用できる
 床上の場所を取らないのでキッチンが狭くならない
 普段使わないものを目につかないところに片づけられる

キッチンの収納を増やそうとワゴンやキャビネットを増やすと、床上のスペースを占領するので狭くなってしまいます。場合によっては動線が悪くなり、使いづらくなる可能性もあるでしょう。

その点床下収納なら、普段使っていない場所に収納が増えるので、床上のスペースは広いままです。年に数回しか使わない重箱などを片づけておけば、キッチンを広々と使えます。

キッチンに床下収納を後付けするときの注意点

キッチンに床下収納を後付けするときの注意点を、3つ解説します。

床下点検口を同時に作る

床下収納を作るときには、床下点検口を同時に作ることをおすすめします。戸建ての床下に不具合が生じたときには、点検口がないとチェックが大変です。キッチンは水を扱うことから、シンクの下が見渡せる点検口があると安心です。

生活動線を考えて場所を決める

床下収納を設置すると、わずかですが段差ができてしまいます。スリッパがひっかかることもあるので、転倒しやすい高齢者がいるようなときには、生活動線を考えて設置場所を決めましょう。

湿気対策を施す

床下は地面との距離が近いこと、またキッチンの場合は水道管や排水管も近いことから、湿度が高くなりがちです。湿気対策をしておかないと、カビが発生しやすくなる点には注意が必要です。床下収納にはものを詰めすぎず、定期的に除湿剤を入れ替えるようにすると快適に使えます。

まとめ

キッチンに床下収納を後付けすると、キッチンそのものの空間を占領することなく収納スペースを増やせます。同時に床下点検口を設置すれば、床下の異常を発見しやすくなるのでおすすめです。

ただし、床下収納は湿度が高くなりがちなので、湿気対策は必須です。しまい込んだものがカビて使えなくなっていた!ということがないように、ものを詰めすぎないようにしてくださいね。

関連記事

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. サイディング
PAGE TOP