二重窓の種類と注意点

暖房や冷房がなかなか効かないといった悩みは、二重窓にすることで解消できます。
また、二重窓は結露の防止効果もあります。

この記事では二重窓について以下の項目を紹介しています。
● 二重窓に使用されるガラスの種類
● 二重窓を導入する際の注意点
それでは、みていきましょう。

二重窓に使用されるガラスの種類

二重窓には主に、以下の3種類のガラスが使用されます。
● 遮熱高断熱複層ガラス
● 高断熱複層ガラス
● 防音合わせガラス
それぞれのガラスについて、特徴を解説していきます。

遮熱高断熱複層ガラス

遮熱高断熱複層ガラスは、金属膜のコーティングを施したガラスです。
紫外線と日差しをカットする性能が高く、西日が当たりやすい住宅で高い効果を発揮します。
紫外線をカットすることで、屋内の家具や建材の色あせも防止できます。

高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラスは、ガラス間の空気層にアルゴンガスを注入しています。
アルゴンガスは熱を伝えにくい性質を持っており、室内に伝える外気温を低減してくれます。

防音合わせガラス

防音合わせガラスはフィルム状の防音材をガラス間に挟み、防音性を高めたガラスです。
防音ガラスの種類によって遮音できる音の周波数が異なります。
防音ガラスの種類を選ぶ際は、遮音したい音を明確にしておきましょう。

二重窓を導入する際の注意点

二重窓を導入する前に、以下の2点に注意しておきましょう。
● 二重窓にできるのは引き違いの窓だけ
● 室内すべての窓を二重窓にしないと効果は得られない
1つずつ解説していきます。

二重窓にできるのは引き違いの窓だけ

二重窓にできるのは引き違いの窓だけだけです。
天窓・上げ下げ窓・内倒し窓などを二重窓にすると、外側の窓と内側の窓が干渉します。
引き違い窓の場合でも、窓枠に内窓を設置できるスペースがあるか確認しておきましょう。
窓枠に十分な余裕がない場合は、引き違い窓も二重窓にはできません。

室内すべての窓を二重窓にしないと効果は得られない

1つの室内に複数の窓がある場合は、全ての窓を二重窓にする必要があります。
室内に複数の窓がある状態で1カ所でも二重窓にしていなければ、十分な効果は得られないことを理解しておきましょう。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP