くらしを守る大切な水回り。リフォームのタイミングや費用はどのくらいかかるのか?

水回りリフォーム

水回りと言えば、キッチンは家族の食生活や健康を守り、お風呂やトイレは日々の疲れを癒し衛生面で非常に重要な場所です。そんな水回りも長く利用していると、設備に不具合の発生や家族の現在の生活状況に合わなくなってリフォームが必要になります。

水回りのリフォーム時期

一般的に、水回りは10年経つと設備の老朽化が始まってメンテナンスが必要になると言われています。毎日使っている設備も、部品の摩耗や経年劣化(時間の経過によって品質が低下すること)によって、目に見えない部分の老朽化が進んでいます。

また、水を利用している設備なので、床や壁。そして天井などにも悪い影響を与えていることがあります。特に浴室やトイレの床などは、壁や床の下地材や土台を腐食させている事が多いので、目に見えて異常が出ていなくても10年経過した頃に一度は専門業者に点検してもらう事をお勧めします。

キッチンリフォームの相場

キッチンリフォームの平均的な費用は、おおよそ50万円から150万円と言われています。しかし、キッチンリフォームを「どのようなキッチンにするのか」という住人の希望やコンセプトによって、その費用が大きく変わってきます。

ガスコンロの変更や流し、蛇口の交換といったリフォームであれば、費用は50万円以下でも可能ですが、キッチン本体を対面キッチンやオープンキッチンといった、設備変更やレイアウト変更を伴うリフォームであれば、リフォーム費用は150万円以上かかってきます。

また、有名ブランドのシステムキッチンや海外製のシステムキッチンなどは、もともと高額な上に仕様変更や規格に合わせた工事となる為、水回りのリフォームの中では最も施工費用が高額になるケースが多いです。

トイレリフォームの相場

トイレのリフォームの相場は、数万円から30万円程度が目安となり、水回りのリフォームの中では最もリーズナブルな費用で行う事ができます。トイレを和式から洋式に変える工事でも、簡易的な洋式便座を据え置く工事なら、3万円から5万円程でリフォームが可能です。

和式洋式に関わらず、便器本体を交換するリフォームなら、トイレの床板や壁を剥がして配管からやり直す工事が必要となります。リフォーム費用も、20万から30万円程でトイレ全体を一新させ事ができます。

トイレのリフォームで最も費用がかかるのは、トイレの拡張や機能の充実したグレードの高い便器を導入する場合です。人気のタンクレストイレなどはトイレ本体が高額であるため、機能が充実したタイプの場合には、施工費用が30万円を超えることもあります。

浴室リフォームの相場

浴室のリフォーム費用も、キッチンリフォームと同じように「どのようにリフォームを行うか」によって、工事費用に大きく差が出てきます。例えば、浴槽近くに手すりの設置や節水シャワーへの交換といったリフォームでは、数万円から10万円程でリフォームが可能です。

段差の解消や、転倒防止に数カ所に手すりの設置といったリフォームなどでは、費用が30万円から50万円程度かかりますが、国や自治体などの補助金制度を利用すれば、数万円から10万円程度でリフォームをすることが可能です。

風呂場全体を全て変更する場合には、従来工法で行うかユニットバスでリフォームを行うかによって費用も変わってきます。従来工法では、天井や床、浴槽なども一つ一つ選択して工事を行うので、費用も100万円から150万円以上と高くなり工事期間も長くなるのが特長です。

一方ユニットバスは、あらかじめ工場で設備を設置したものを現場で組み立てて施工するので、工期も短く費用も従来工法よりも比較的安くなります。しかし、乾燥機能や浴室暖房などの設備の充実したタイプは、ユニットバス工事でも高額になるケースもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水回りは一見綺麗に見えていても、目に見えない部分で老朽化や不具合を起こしている事が本当に多くあります。10年を過ぎたら、異常が現れていなくても水回り専門の業者に点検してもらう事をお勧めします。

また、リフォームで購入するキッチンやトイレといった設備は、リフォーム後に毎日使っていくものなので、事前にショールームなどで使い勝手などを確かめておくと良いでしょう。リフォーム会社やメーカーのショールームで実際に見たり触れたりできるので、施工業者に事前に伝えておきましょう。

水回りは家族の健康を守る大切な場所なので、定期的な点検も欠かさずに行いましょう。まずは水回り専門の施工業者に相談してみませんか?

 

関連記事

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. サイディング
PAGE TOP