屋根・外壁メンテナンスは足場が必要?絶対に必要といえる理由とは

住宅の屋根や外壁は、紫外線などの劣化要因にさらされ続けていることから、建物を長持ちさせるためにも定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、外部の工事はコストが高くなる傾向にあるため、計画性をもって実施することが重要になります。

では、外部メンテナンスはコストを抑えるために、足場ではなく梯子などを使って行えるのでしょうか?

その結論としては、行えません。

外部メンテナンスには足場が必須であり、むしろ足場を設置せずに行った場合はトータルコストが上がってしまう可能性もあり得ます。

そこで今回は、屋根・外壁など外部メンテナンスに足場が絶対に必要な理由について解説したいと思います。

<屋根・外壁メンテナンスに足場が絶対に必要な理由とは>

屋根・外壁など外部メンテナンスを実施するときは、足場の設置は必須となります。

その理由は、大きく以下の3点です。

・作業員の安全確保
・仕上がりの品質確保
・近隣トラブルの防止

  • 作業員の安全確保

足場は、実際に施工する作業員の安全を確保するためにも絶対に必要です。

建設業は、他の産業と比べて労災事故が多い傾向にありますが、なかでも「墜落・転落」による事故の割合が高くなっています。

そのため、「墜落・転落」による労災事故をいかに防ぐかが課題となっているのです。

高所作業を梯子で行うことは、きわめて危険な行為であり、絶対に避けなければなりません。

そもそも「労働安全衛生法」では、2m以上の高所作業を行う場合は足場の設置が義務付けられています。

よって、外部メンテナンスを実施するときには、足場の設置と「墜落・転落」防止など安全対策を講じることが重要です。

  • 仕上がりの品質確保

足場は、工事が完成した後の仕上がり品質を確保するためにも絶対に必要です。

例えば、外壁塗装を行う場合、梯子など十分な作業床がない環境での作業は、施工範囲が限定されるため塗りムラが生じてしまいます。

塗りムラは、塗膜の厚さがバラバラであることから、完成した後に早い段階で不具合が生じるリスクが高まります。

また、適正な施工手順が守れないと、本来の寿命は期待できません。

ということは、メンテナンスサイクルが早まるため、むしろコストアップにつながってしまう可能性もあるでしょう。

よって、外部メンテナンスを実施するときには、足場の設置し、正しい施工によって本来の性能を得ることが重要です。

  • 近隣トラブルの防止

足場は、工事中に近隣へ迷惑をかけてトラブルを起こさないためにも絶対に必要です。

外部メンテナンスの最中は、周囲に洗浄水や塗料などが飛散する可能性があります。

万が一、工事中に近隣の車や洗濯物を汚すことがあれば、トラブルに発展するかもしれません。

足場を設置し、さらに飛散防止ネットを張ることで、トラブルにつながるような事態を避けられます。

よって、外部メンテナンスを実施するときには、足場の設置し、近隣に対して十分な配慮を行うことが重要です。

<まとめ>

屋根・外壁など外部メンテナンスを行うときは、絶対に足場が必要です

足場の設置はコストがかかることですが、それは安全で適正な施工を行うために必要であり、結果的にトータルコストの削減につながることでもあります。

また、足場が必要な外部のメンテナンスは、ムダをなくすためにも一度に済ませることを検討するとよいでしょう。

神奈川・横浜の【屋根・外壁】塗装工事は横浜リフォームにお任せ下さい!

 

関連記事

  1. 屋根塗装工事
  2. カバー工法
  3. 屋根塗装
  4. 雨樋交換

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

  1. 内装工事
最近の記事 おすすめ記事
  1. ベランダ防水
PAGE TOP