【既存コロニアル】屋根塗装工事の適切なタイミングを徹底解説

屋根塗装工事

現在、戸建て住宅の屋根材として主流となっているのは「コロニアル」に代表されるスレート屋根です。
スレート屋根には、他にも「カラーベスト」などの種類がありますが、なかでも「コロニアル」が最も普及しています。
また「コロニアル」は、軽量でコストパフォーマンスがよいなど、非常にメリットが多い屋根材でもあります。
しかし、紫外線の影響により劣化するため、適切なタイミングで塗り替えをしなくてはなりません。
そこで今回は、「コロニアル」の塗装工事を行うべき適切なタイミングについて徹底解説したいと思います。

<既存コロニアルの塗装工事のタイミングについて>

コロニアルは、一般的に10年程度を目安として塗り替えを検討する必要があります。
というのも、コロニアルの表面塗装が劣化すると、防水機能を損ねて雨水を侵入させてしまう恐れがあるためです。
屋根から雨水が侵入すると、雨漏りが生じたり、また構造を腐らせて耐久性を低下させたりするケースがあります。
よって、適切なタイミングで塗装などのメンテナンスを行う必要があるのです。
コロニアルの塗装工事の適切なタイミングは、経年とともに現れる劣化症状から判断できます。
コロニアルの塗装工事を検討するべきおもな劣化症状とは以下の通りです。
・コケ
・割れ
・棟板金のサビ、釘抜け

●コケ

コロニアルの塗装が劣化すると防水機能が損なわれるため、徐々に水分を含むようになります。
そこにコケの胞子が風で運ばれ付着すると、そこで繁殖する場合があります。
コロニアルにコケが繁殖すると、見栄えが悪くなるだけでなく、常に水分を含んだ状態で劣化が加速するため、早めにコケを除去したうえで塗装工事が必要です。
また塗装の際には防藻などの機能を持つ塗料を使うと再発防止になります。

●割れ

コロニアルの塗装が劣化し、吸水や乾燥、また冬季の凍結や溶解などを繰り返すようになると、ひび割れを起こすことがあります。
またひび割れだけでなく、反りや欠落などの症状が見られる場合もあります。
これら症状は、雨水を建物内部へ侵入させることがあり、雨漏りなどの原因にもなるため、適切な補修をしたうえで塗装工事が必要です。

●棟板金のサビ、釘抜け

コロニアル屋根の頭頂部には棟板金が設置してありますが、経年とともに劣化し、サビが発生するようになります。
また棟板金を固定している釘は、太陽熱で板金部分が伸縮することにより少しずつ浮きが生じ、さらに進行すると抜けてしまう場合があります。
釘が抜けると、そこから雨水が入り木材を腐らせるようになったり、あるいは台風など強風が吹いたときに飛散したりすることもあるため要注意です。

<まとめ>

コロニアルなどの屋根材は高所に位置するため、劣化状況を目視で確認することは簡単ではありません。
しかし、劣化を放置すると雨漏りなどきわめて深刻な状況につながるだけに、手遅れになる前に対処しておきたいところです。
そのため、10年程度を目安とし、劣化状況に応じた必要なメンテナンスを心がけましょう。
また、屋根塗装は足場の設置が必要となるため、外部のメンテナンスは一元的に管理しておくこともポイントです。
よって、定期的な点検により外部の劣化状況を見きわめ、適切なメンテナンスを提案できる塗装業者を選ぶ必要があるでしょう。

【屋根・外壁】塗装工事

【屋根・外壁】塗装工事 驚きの激安価格で提供中! まずはこちらをご覧ください。ご覧ください。

関連記事

  1. 屋根塗装
  2. 雨樋交換

【屋根・外壁】塗装工事

施工事例一覧

  1. 内装工事
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP