システムキッチンの種類と特徴

現在はこれまでに比べてシステムキッチンの種類が豊富になっている上に、各部に使用されている素材や配置などにより同じタイプであっても各々で異なる特徴を有しています。
キッチンシステムの中で最も歴史が古く今日においても設置されている家庭が多いのがI型でありコンロと調理台、シンクが横一列に並んでいる馴染み深いタイプです。

I型システムキッチン

I型は物理的な1つの台に調理に要する全ての設備を導入している様子ですが、物理的に分かれている2つの台を利用してキッチンを構成するタイプもあります。

1つ目の台にはシンクと調理台を設け、もう一方の台にはコンロと調理台を設けるといった配置にする事により、洗い物や火を使った作業に集中しやすく広々とした台に多くの調理器具や食器などが置けます。
I型に続いて導入されている事例が多いのがL型であり、L型はコンロとシンクが直角に向かい合っている様相が特徴的で、角の部分に立っていれば左右にコンロとシンクが分かれる様子になるため、キッチンに立ち作業をしている時の動作を少なくさせられます。

L型システムキッチン

L型は左右に調理台がある様子ですが、背後に至るまで調理台を設けたいと考えている方に最適なのが、キッチンスペースに入った時に囲まれるようにして過ごせるU型です。
U型の場合3つの台のうち2つにシンクとコンロが振り当てられていますし、残りの1つの調理台は設備が設置されていないので全面的に作業台として用いる事ができ、広々とした使い勝手が感じられます。

アイランド型システムキッチン

そして、注文住宅を買い求める方やリフォームを施工する方に選ばれる事が多く、今日におけるシステムキッチンの中で特に強い人気を持っているのがアイランド型です。
台はI型のようにコンロとシンク、調理台を兼ねた物で構成されているのですがI型と異なるのは壁面に接地させたり、ダイニングなど生活空間から離れた場所に設置するのではなく、リビングの中に島が浮かんでいるようにして設置します。

数あるシステムキッチンの中で最もお洒落な雰囲気が出せますし、家族が過ごしているリビングに身を置いたまま炊事などに従事できるので、いつも家族と近い距離で接し続けられます。

また、アイランド型の火付け役にもなった対面型も変わらぬ人気を誇っており、対面型もアイランド型のようにリビングの中に位置しているような様子ですが、端が壁面に接地していて上部にも棚が設けられているので、キッチンスペースとリビングスペースを分けながら家族との距離が近い状態で家事が行えます。

関連記事

PAGE TOP