根強い人気「壁付けキッチン」の魅力! どんなメリットがある?

壁付けキッチンのメリット

壁付けキッチンは対面キッチンに対するもので、文字通り壁に向かって調理を行うスタイルのキッチンを指します。

別名背面キッチンとも呼ばれますが、いずれにしても同じものを指すのは確かです。
近年は、家族の顔が見える対面キッチンが人気の傾向ですが、改めて壁付けキッチンの魅力も再確認されています。

ダイニングスペースを広くできる

主なメリットには、リビング側にせり出すことがなく、ダイニングが広く使える点が挙げられます。

対面キッチンだと、キッチン側とリビング側の間に設置スペースを要するので、相対的にリビングが狭くなる難点が生じます。

しかし、壁付けキッチンはダイニングスペースを圧迫しませんから、結果的にお部屋を広々と使うことができるわけです。

窓があるキッチンにもおすすめ

壁に窓があるキッチンなら、外光を採り入れて自然な空間を演出したり、外を眺めながら調理に取り組めます。

確かに、目の前が壁一面だと圧迫感を覚えますが、小さくても窓が1つあるだけでかなり違ってきます。

何よりも、外の様子を見ながら調理を楽しめますから、季節の移り変わりに意識を向けることで、マンネリしがちな料理の退屈な部分を改善できるメリットが得られます。

人によっては、目の前に壁があることで落ち着くので、壁付けキッチンだと対面よりもリラックス効果に期待できます。視界に家族の姿があれば、例えば小さな子供だと安心ですが、逆にテレビだと集中力が削がれてしまいがちです。

壁付けキッチンは余計な視覚情報を遮り、調理に集中できる空間をもたらしてくれるので、あれこれ触れる情報が多いと疲れてしまう人に大きなメリットとなり得ます。
調理で汚れた部分が比較的簡単に綺麗にできるのも、壁付けキッチンならではのメリットです。

対面キッチンでは、うっかり調味料や料理をこぼしてしまうと大変ですが、壁付けキッチンであれば壁が受け止めてくれるので安心です。
炒めものなどで飛び散る油についても、対面キッチンでは遠くまで拡散するものの、壁付けキッチンだとその心配もなくなります。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP