キッチンに食洗器をビルトインして、家族との団らんの時間を増やす!

あるデータによると1日に食器を洗う時間は、平均で25分位ということです。人数が多かったり、ひどい油汚れがついてたりすれば汚れが完全に落ちるまで頑張らなければいけませんから、さらに時間がかかります。この時間を長いと感じるか、それとも短いと感じるかは人によって異なります。でも毎日、それだけの時間を食器を洗うために費やせば、結果的にかなりの時間が使われているといえます。

しかも、食器を洗う前には時間をかけて料理の準備をしています。それだけでも相当の体力が必要です。もし、共働きの家庭で仕事をした後に料理そして食器洗いをしているのであれば、家に帰ってもくつろぐことはできません。そうなると、家族と楽しく団らんをする気力も失われてしまう可能性があります。

家族が仲良く過ごすためには、大変な食器洗いの手間を省くことが必要です。では、その問題を解決する方法はあるのかということで、キッチンに手を加えてみましょう。どういうことかというとキッチンに食洗器をビルトインします。そうすれば、食器を並べていくだけで、あとは自動的に汚れが落とせます。食器を並べていく時間は数分で終わりますから、1日に20分近くは時間の節約ができます。その時間を家族の団らんの時間ということで、一緒にテレビを見たりゲームを遊んだりすれば、これまで以上に家族の絆が強くなります。

食器洗いは手洗いのほうがよく落ちると思う人がいるかも知れませんが、実際にはザルの網目であったり哺乳瓶や徳利など口の狭い食器だと手洗いでは綺麗にできません。しかし、食洗器の場合には、勢いのある水で手の届かないところにある頑固な汚れも取り去ってくれます。加えて、漂白機能や除菌機能も搭載されているので、見た目が綺麗になるだけでなく清潔な状態にできます。

あとは節水につながるという点も大きな魅力です。少量の水を使って、食器の汚れを落としていきますから水を流して汚れを落とす手洗いに比べて、水の使用量が大幅に減ります。キッチンにビルトインをするための費用がかかるとしても、節水である程度は元を取れます。

食洗器ならば、卓上型という選択肢もありますが、ビルトイン型のほうが邪魔にならないし、フライパンや鍋など大きな調理器具も洗えます。それに卓上型のようにカウンターに置くと、固定されていませんから洗う時に振動が響きます。キッチンと一体になっているビルトインであれば、振動がもたらす不快感を減らせます。

家族の団らんの時間以外にも多くのメリットが得られることを踏まえて、導入を検討してみましょう。

関連記事

施工事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP